下地づくり

2019.04.04 Thursday

0

    4月4日(木)

     

    新しい地での最初の1週間。

    長いなぁ。

     

    さて、今日もローラー。

    インターバルやクリスクロスをやろうかとも思ったけれど、L4もできないヤツが何がインターバルだ、と思い直す。

    そんなわけで今日もL4。

     

     

    ◆ローラー   20分   268W

     

     

    昨日より1Wでも高くという目標で、何とか達成。

     

    次週まではL4の強化を行い、その次の週はストレングス走かなぁ。

    この2種目がまずは下地づくりとして重要だと思う。

    心臓と筋力の呼び起こしが先決。

    その先にインターバルやクリスクロスがあると思っている。

    これらはいわゆる実戦的な「対応力」の世界。

     

    コツコツと一歩一歩。

    L4で20分

    2019.04.03 Wednesday

    0

      4月3日(水)

       

      昨日はSSTで20分できたので、今日はもう一歩頑張ってL4で。

      でも少し負荷を上げると、15分くらいから残りの5分のキツさが倍増してくる。

      キツい・・・と思った時に耐えられるかどうかが、乗れている時と乗れていない時では明確な差がある。

       

       

      ◆ローラー   20分   264W

       

       

      ********************************************************

       

      名古屋の単身赴任先に、実家の母親から荷物が届いた。

      開けてみると、鍋に青汁に風邪薬。

      かなりメッセージ性を感じる組み合わせだ。

       

       

      息子はいくつになっても息子、親はいくつになっても親だと感じた。

      自分もできるうちに親孝行しないとな〜と思った。

      ボチボチ始動

      2019.04.02 Tuesday

      0

        4月2日(火)

         

        久しぶりにローラー台に自転車をセットして跨ってみる。

        いつ以来だか思い出せないな。

         

        いきなり高負荷のメニューをやるのはしんどいので、SSTくらいで20分回す感覚を思い出す。

         

         

        ◆ローラー   20分   248W

         

         

        まずはローラーをやったという事実がとても大事で、大きな一歩だ。

        GWくらいまでに徐々に乗れてくるといいなぁ。

        雨沢峠&三国山へ

        2019.03.31 Sunday

        0

          3月31日(日)

           

          部屋も一通り片付いて、それなりに物も揃ってきたので、今日はまったりと。

           

          まずは昨日に引き続きサイクリングから。

          練習ではなく、まだ自転車に慣れる段階。

          昨日は西の峠にご挨拶したので、今日は東の峠にご挨拶する。

           

          愛知県と岐阜県の県境にある、「雨沢峠」へ。

          ここもストラバではそうそうたるメンバーが上位に名前を連ねている峠だ。

           

          東方面へ向かう際の「名古屋みち」はとても道幅が広く、「走りにくい」

          信号のたびに「左折専用レーン」ができるので、イチイチ後方を確認しつつ、中央へ寄らなければならない。

          これを快く思わないドライバーも多いので、かなり気を使う。

          でも左折レーンの左側を走りながらそのまま直進するのは自殺行為かと思うのだが・・・。

           

          ちなみに帰る時には今日も別の数字の大きい県道を選択したのだけど、こちらのほうが正解だった。

          名古屋では主要道よりもややローカルな地方道のほうが自転車にとっては走りやすい・・・というか安全だ。

          片側2車線以上あると、殺気立ったドライバーがスレスレで(しかも高速で)抜いていくので、本当に気疲れする。

           

          瀬戸市を抜けると一気に田舎感が増す。

          ここから雨沢峠へのヒルクライム開始。

          雨沢峠も6kmくらいで、平均勾配の緩い峠だ。

          国道なので二ノ瀬より道がいいので、つるっと上れてしまう感がある。

          普通に走れば20分かからないだろう。

           

          頂上にはそれと分かるような趣は無し。

           

          代わりに、頂上少し手前からの分岐で「三国山(標高701m)」への林道に向かうことができるのが、この峠の大きなメリットだ。

          全国に三国山とか三国峠とかはたくさんあるので、なんの変哲もない名称だけど岐阜県、瀬戸市(愛知)、豊田市(愛知)に跨る山だから、ということなんだろう。

          車1台がやっと通れるくらいの林道で所々苔むしているので、注意が必要だけど、林道の半分くらいはインナーローで走らないといけないくらいの急勾配だった。

           

          で、頂上へ。

           

          景色最高!

           

          気温は6度で夏用ジャージだとかなり寒い。

          さぁ下ろうと思ったところで、あるものを見つけてしまった。。。

          この写真の後ろに止めてあった車・・・

           

          おかげでこんな人里離れた山頂まで99車やPCが来るまで待たなくてはならず、ウィンドブレーカー着ても震えが止まらない。

          でも見つけてあげられて良かった。

          合掌。

           

           

          震えながら下って、麓の「おきなわカフェ やんばる」へ。

          気を取り直して、少し温まろう。

           

           

          ソーキそばが冷えた体に染み渡る。

          帰宅時間を明確に定めずにこんな風にのんびりサイクリングなんて、子供ができてからはほとんどしたことがなかったので、不思議な感じと罪悪感と、「何かに間に合わないんじゃないか」みたいな切迫感が残る。

          けれど、ここのカフェは良かったなぁ。

          なぜ沖縄なのか聞きそびれたので、今度来た時に聞こう。

           

          帰りは戸越峠を経由して瀬戸市へ抜け、県道を通って帰宅。

          向かい風が強く、ずっと下ハンだった。

           

           

          ************************************************************************

           

          しばらく休んで、散歩を兼ねて食料品の買い出しへ。

          一昨日に行ったスーパーがあまりにもしょぼかったので、別のスーパーをリサーチする。

          どのみち近くにはないんだよなぁ。

           

          自宅の前の通り。

          名古屋城に近く、「丸の内」という住所になる。

           

          散歩しながら近くの川を渡ると、一気に町の雰囲気が変わった。

           

           

           

           

          へぇ〜、なんか昔の面影を残す、城下町って感じだなぁ。

          いいね。

           

          更にこの先にある円頓寺商店街へ。

          シャッター閉まった店が多かったけれど、今日はイベントをやっているのか、とても賑わっていた。

          商店街の中のスーパーで買い出しして帰宅。

          ここなら仕事帰りに寄ることができるかなぁ。

           

          自転車の練習環境と、家の周りの生活環境と。

          できるだけ早く慣れたいところだ。

          二ノ瀬峠 初詣

          2019.03.30 Saturday

          0

            3月30日。

             

            名古屋に来たからには・・・

            ということで、中京地区のサイクリストにとって聖地とも言える「二ノ瀬峠」(正式には二之瀬越らしい)に行ってきた。

             

            山の神さんや、今やテレビタレントのゴロー氏のブログ等でも拝見してきた峠。

             

            名古屋の中心部にある自宅から、麓までは32kmだった。

            「名古屋の車の運転には注意しろ」

            と言われていたけれど、全くその通りで東京から来るとそれを痛感する。

            一時停止で止まらない、携帯かけながら走る、自転車の存在を無視して曲がってくる・・・etc

            もちろん皆ではないけれど、比率がかなり高いと感じた。

            これまで思っていた以上に注意して走らなければ。

             

             

            二ノ瀬の入り口。

            今日は様子見なので、あまり頑張らずに上る。

            それにしても、これまでほとんどサイクリストに会わなかったのに、この人たちはどこからやってきたの?というくらいに自転車乗りが多い。

            休日のヤビツ並みだ。

             

            距離は6km少々くらい?で、平均斜度も6%少々くらい?という走り応えという意味ではあまりない峠なのだけど、名古屋近くということもあり、アクセスはヤビツよりも良い。

            だから地元にヒルクライマーはここを何本も上ったり、練習の一部に組み込んで工夫したりしているようだ。

             

            路面状況は良くはないが、とりたてて悪いというほどでもない。

            ヤビツよりは少し悪いくらい。

             

             

            頂上で、どんな人が上ってくるのか見ていたら、アクアタマのジャージを着た人が上ってきた。

            東京・神奈川エリアのチームなので、声をかけたら、転勤で岐阜に来ているというW氏だった。

             

            Wさん・・・どこかで聞いたような・・・

             

            と思いつつ身の上話などを続ける。

             

            「名古屋市内に住んでいるなら、M本さん(山の神)や、S宮さん(沖縄210優勝)もいるから、練習仲間がいていいですね!」

             

            などと言われ、彼がそのレベルであることを知ったとき、Wさんの名前を聞いたことを思い出した!

            失礼しました。。。

             

            <cyclist記事より>

            E1入賞選手たち。後列左から3位の石上優大(横浜高校自転車競技部)、優勝でネクストイエロージャージを獲得した若松達人(GRUPPO ACQUA TAMA)、2位の品川真寛(TEAM YOU CAN)。前列左から5位の梶田歩(Pinazou Test Team)、6位の山根理史(チーム スキップ)、4位の西谷雅史(チーム オーベスト)

             

             

            さて、雨も降ってきたので、帰りを急ぐ。

            当然帰り道は往路とは違う道で。

             

            できるだけ多くの道を走って、この街の地理感覚を覚えたい。

            そして地図だけではわからない交通事情を体感しておくことも重要だ。

            ここに行くにはこの道を通って行くべし、ということを感覚的にわかるようになるために。

            こういうことも、走りこんできて練習時間を1分も無駄にしたくないと思ったら、むしろできなくなってしまう。

            走れていない今だからこそ、そういう心の余裕があるわけで。

             

            信号とかを含めた平均移動速度は25km/h程度。

            東京では20km/hが基本なので、100kmに5時間かかるが、ここでは4時間くらいで済みそうだ。

            色んな経験ができて良かった。

            長尾台ストレングス走 / 名古屋日帰り

            2019.02.16 Saturday

            0

              2月16日(土)

               

              今日は8時戻りのため、5時半集合でK長さんと長尾台へ。

              暗い中ではあるけれど、信頼できるパートナーとのローテは苦にならない。

              今朝のK長さんは絶好調で、ガンガン引きまくってノリノリだった。

               

               

              ◆長尾台   ストレングス走   4本(+1本)

               

               ・1本目   3分02秒   255W(80Nm)

               

               ・2本目   3分06秒   250W(75Nm)

               

               ・3本目   3分05秒   249W(78Nm)

               

               (・4本目   3分41秒   207W)

               

               ・5本目   3分08秒   245W(78Nm)

               

               

              3本目で一度オールアウト状態で、4本目はインナーギアで実質レスト。

              5本目に4度目のストレングス走を頑張っておしまい。

               

              以前は長尾台でも340W前後の普通のインターバルばかりやっていたが、やっぱり自分にとってはこちらの方が効く気がする。

               

              帰りの多摩川沿いも高速ローテでガンガン上げて、丸子橋から流して帰宅。

              たったの40kmの練習だけど、密度の濃い練習ができた。

               

               

               

              ********************************************************

               

              帰宅後は長女の小学校の作品展へ。

              来春の長男の中学に向けて、学童の書類の手続きなど。

               

              そしてお昼前から、自分は物件探しに名古屋へ。

               

               

              おっと、これじゃなかった。

              たまたま名古屋駅で見かけたんだけど、せっかくだからこっちに乗りたかったなぁ。

               

              で、仲介業者まで行きすがら、名古屋市街を散策しつつ。

              名古屋って駅からでたことあったっけ?

              う〜ん、10年以上前にバスへの乗り継ぎで出たことはあったのと、もっと前に東京から自転車で走ってきて通過したことはあったのと・・・。

              くらいかな。

               

               

              改めてデカい都市だなぁ。

              これまで経験した都市の人口規模で言えば、東京は除いて、前住んでいた高松市の3倍が広島市、広島市の倍が名古屋市、名古屋市の1.5倍くらいが横浜市ということになるらしい。

              でも横浜の場合は東京の近接都市なので、地方の単独都市としては大阪市の次に多いということになるんだろう。

               

              無事に住居も決まり、まずはひと段落。

              帰りの新幹線で味噌カツサンドを食べながら、これから始まる新しい(自転車)生活に思いを馳せる。

              具体的にイメージがわいてくると、少し不安感も払拭されてくる気がする。

              ローラー20分走でPB更新

              2019.02.14 Thursday

              0

                2月14日(木)

                 

                今朝は脚がかな〜り重く、今晩は練習無しかなぁなんて思っていたのだけど。

                久しぶりにまともな時間に帰れたので、とりあえず乗っておくかと。

                 

                で、全く期待せずに回し始めたら、脚が軽い!

                おぉこれはいい線いけるのでは?と思い、20分間集中することにした。

                 

                 

                ◆ローラー   20分   282W   176bpm/Ave (193bpm/MAX)

                 

                 

                ひたすら目の前のアナログ時計の秒針だけを見つめながら。

                 

                キツかったけど、PB更新できたので、達成感大。

                昨日あれだけネガティブコメントを書いたところだけど、今日は良かったので、相殺できたかな。

                やっぱり数字に縛られてるな〜。

                久々の平日ローラー

                2019.02.13 Wednesday

                0

                  2月13日(水)

                   

                  朝ご飯の準備をしていたら、

                   

                  「パパぁ、あのさ、最近ローラーとかしてないからさ、自転車で走るの遅くなっちゃってるんじゃない?」

                   

                  と急に長女に言われた。

                  なんでこんな心配をしてくれるのか分からないのだけど、お母さん的だと感じた。

                   

                   

                  そんなわけ・・・・でもないけれど、今日は久しぶりに平日ローラー。

                  時間が30分も作れないわけじゃないのだから、逃げちゃダメだ、と思った。

                  やるメニューはストレングス走。

                  アウタートップ(52×11)のローラー負荷設定最大だけど、ケイデンスは50ちょいくらいかな。

                   

                   

                  ◆ローラー   ストレングス走   2分(レスト5分)×3本

                   

                   ・1本目   342W

                   

                   ・2本目   339W

                   

                   ・3本目   331W

                   

                   

                   

                  ◆ローラー   高ケイデンス走   10分   206W   111rpm

                   

                   

                  ストレングス走は、どんどん落ちるばかりだった。

                  これまでの感覚でいけば、2本目以降も340W台をキープできそうと感じた。1本目の時点では。

                  しかし実際には数字は残酷で、このところの練習ができていない状況を反映した結果となった。

                   

                  ま、気楽に構えつつ、次の上昇気流を捉まえられるまで待ちましょうかねぇ。

                  平坦練×2

                  2019.02.11 Monday

                  0

                    2月11日(月・祝)

                     

                    今日は朝の平坦練の予定だったのだけど、5時に起きると雪!

                    うーんまた天気予報にやられたか。と思いながら練習は中止ということで二度寝・・・

                    しようと思ったら、今日参加いただく予定だったJ引さんはすでに集合場所まで車で来ているとのこと。

                    そうだ、J引さんははるばる車でここまで来ていただいているんだった!

                    二度寝しないでしばらく様子を見ていたら、K長さんも集合しているとのことで、雪降っても仲間がいればいいかという気分になり、自分も着替えて向かう。

                     

                    7時に到着し、K長さん、J引さんと合流。

                    ちなみにこういう時に大抵休まないI藤さんは先に一人で周回をして、7時には撤収したようなのだけど、ほんとすごいと思う。

                     

                    3人でまずはいつもの小周回の下見で1周。

                    凍結やコースの状況を見ていく。

                    特に問題なしと判断し、ここからいつものやつを。

                    ただし、雪が強くなってきたら中断するつもりで。

                     

                    で、走り出すととにかくK長さんの引きが強い。

                    むむ、これは同じように回ったらいかんヤツだ!

                    と悟り、冷静に走るよう心掛ける。

                     

                    J引さんはインフルで10日間の病み上がりで、今日は本調子ではなさそう。

                    それでも普通にローテして、前に出ても同じペースで引いていけるのは凄い!

                     

                    自分は昨日攣りかけた左足の付け根のあたりが痛くて、一踏み一踏みが重い。

                    下がって2人の後ろにつく時、毎回精一杯姿勢を低くしてモガく、、、を繰り返している状態。

                     

                    いやぁそれにしても向かい風でK長さんが踏んでいると、前に出れる気がしないくらいだ。

                    何とか耐えていたところ、5周で終了という提案がされ、即受諾して最後のストレートだけ頑張っておしまい。

                    ギアが上がらないと思ったら、アウタートップだった。。。

                     

                     

                    ◆平坦練   5周(20km)   31分17秒   250W

                     

                     

                    うーん、キツかった。

                     

                     

                    周回を終えてラインを見ると、T井さんがこちらに向かっているとのこと。

                    おお、ついに4人集合かぁ。

                    その日が雪だというのも、ある意味特別感あっていいかもしれない、と思いつつ。

                     

                     

                    しばらく流していると、T井さんと合流でき、ここから再び5周。

                    今度はT井さんが長く引く。

                     

                    そしてローテの順序で言うと、自分の後ろがT井さん。

                    T井さんは比較的早く前に出てきてくれるタイプなので、自分の引く時間が極端に短くなり過ぎないように少し意識しながらローテを回していく。

                     

                    今度は人数増えた分確かに強度は下がった感がある。

                    けれど、自分に残っているパワーも着実に下がりつつあり、楽になったかと言えばそうではない。

                     

                    ラスト1周、自分が前を引いている時にT井さんアタック。

                    しかし今日は優しい方で、本来なら前を引き終わって下がっている時にアタックされるので、手加減してくれたのかな?

                    K長さんが反応してくれて、その後ろにつく。

                     

                    K長さんがそのまま行くかな?と思ったけど行かないので、自分がカウンター。

                    が、これも振り向くとK長さんが張り付いており、T井さんと続く。

                     

                    というわけでスプリントのない自分は、やはり最後の牽引役をすることにして、全力引き。

                    が、ラスト200mくらいまではと思ったものの、そこまで持たず、発射台の役目を果たせなかったなぁ。

                    2人の後ろ姿を見送って終了。

                     

                     

                    ◆平坦練   5周(20km)   31分26秒   235W

                     

                     

                    お疲れさまでした〜。

                    タイムとしては1回目とほとんど同じ。

                    人数は増えたが、疲れもあって、自分の平均パワーは下がったのでタイムアップには貢献できなかったなぁ。

                     

                     

                    雨の中爆走したマッドサイクリスト4人組。

                    なお、T井さんはその後追加練で単独で8周+スプリント練をしたとのこと。

                    一人で雪の中・・・う〜ん、自分はできないな。

                     

                    そうそう、パワーの話をT井さんとした時に、こうしてローテして走っている時に先頭を引いている時のパワーは260Wくらいだという。

                    対して自分は290〜300W。

                    この効率性の差。。。

                    自分の30W分は空気抵抗に余計に吸収されているということなんだろうなぁ。

                    平坦練 / なるしま往復

                    2019.02.10 Sunday

                    0

                      2月10日(日)

                       

                      今日は何とか5時に起きて、6時に平坦練集合。

                      T井さんが少し遅れるとのことで、I藤さんと先に周回を始める。

                       

                       

                      ◆平坦走   12分   271W

                       

                       

                      でウォーミングアップアップ完了したところでT井さん登場。

                      ここからいつも通りの8周の予定で走り始める。

                       

                      やはり最初からいいペースで・・・

                      半周でI藤さん離脱し、あとはひたすらT井さんとのデスマッチ。

                       

                      久しぶりのこの感覚で、日が出てきてもサングラスをかける余裕さえ無し。

                      何度も離脱しそうになったけれど、何とか最終周まで耐えて。

                       

                      残り半周で全力アタック。

                      幸いT井さんが20mくらい離れたので、頑張って踏み続ける。

                      ・・・が、悲しいかな耐える力がなく、左のお尻が攣りそうになって失速、T井さんに追いつかれてスプリントでさようなら〜。

                       

                       

                      ◆平坦走   8周(32km)   51分10秒   250W

                       

                       

                      今日も朝からありがとうございました〜。

                       

                      休もうとしたら親分登場し、3人で大周回1周、マサさんグループと合流してもう1周・・・の途中でT井さんの機材トラブルがあり、ここで一緒に離脱。

                       

                      自分は一人で線路沿い往復スプリント7本をこなしてから帰宅。

                       

                      ***********************************************************

                       

                       

                      今朝の練習でリアブレーキのワイヤーが切れてしまった。

                      10月に変えたばかりなのだけど、これはキャノンデールのフレームの設計ミスだろうから仕方ない。

                      定期的に切れる運命なのだ。

                       

                      そんなわけで、12時からなるしまへ。

                      初めてのロードバイクを組んでもらった時からお世話になっているA見さんに直していただいた。

                      少しルーティングを変えて、アウターケーブルのストレスがかかりにくいように工夫してくれた。

                      ついでにペダリングモニターのメーターのブラケットも在庫があったので取り付けてくれ、これで万全。

                       

                       

                      いつもありがとうございます!これからもお世話になります。