引き続きのローラーL4

2019.04.10 Wednesday

0

    4月10日(水)

     

    昨日は練習無し。

    今週まではL4強化なので、今日も20分走。

     

     

    ◆ローラー   20分   −−−W

     

     

    それにしても、同じローラー使っているのに、タイヤ変えたらすごく静かになった。

    コンチネンタルのグランプリ4000Sってローラーするとブンブンうるさいよね。

    でもとても耐久性あるし、グリップもそこそこあるからこれからも実走では使おうと思っているんだけど。

    長男入学式 / 名古屋へ

    2019.04.08 Monday

    0

      4月8日(月)

       

      月曜日だけど、今日は有給をとってお休み。

      本当は朝走ろうと思っていたのだけど、4時半に起きると土砂降り。

      すぐに二度寝を決め込んで。。。

      しかし今はローラーも名古屋へ送ってしまって無いので、ローラー練という手段もない。

       

      7時ころ起きて、学校行く長女を見送り。

      それから長男の入学式の準備して。

       

       

      午前中は長男の入学式。

      長女の同校での入学式から3年。

      二人とも小学生とは、感慨深いなぁ。

      明日から2人で登校だね!

       

      午後は家事で終われ、あっという間に名古屋へ帰る時間に。

      しかし改めて思ったのだけど、名古屋は近い。

      ドアtoドアで2時間半くらいなので。

       

       

      **************************************************************

       

      名古屋の赴任先の部屋に到着。

      自転車以外には何もすることがない環境。

       

       

      ローラーを少々。

       

       

      ◆ローラー   20分   ーーーW

       

       

      パワメはこれから準備するので、これから。

      L4レベルで20分粘る。

      けれど、あと数分でどこまで頑張れるかは、パワメがあった方が頑張れると思う。

      あと3ワット高めたいとか思えるから。

       

      平坦練など

      2019.04.07 Sunday

      0

        4月7日(日)

         

        日曜日なので平坦練。

        ニューバイクでい行くか、旧バイクで行くか迷った。

        旧バイクならデータは取れるけれど・・・そんな時期でもないし、新しいバイクにも慣れたいので、ジャイアントで。

         

        I藤さん遅刻につき、K長さん、ケンタロウさんと3人で走る。

        自分は少し体調も悪いので、後ろスタートで。

        最後までついていくには、極端に短いローテしかないと思い、ローテはするけどとにかく短く。

         

        K長さんが強い。

        昨日の練習から、時間が経つにつれてどんどん差が広がっていく。

        う〜ん、これ以上広がると一緒に練習できなくなるなぁ・・・

        ケンタロウさんも強い。

        この人はダメージなどというものはないのではないかと思うほど耐久力がある。

         

        いつもの小周回8周はなんとかついていったものの、ローテはとにかく短く、ついていけるギリギリのところを模索することとなった。

         

        その後の大周回では、ローテには加われず。

        疲れるのが早いな〜自分。

         

        次は2週間後に戻ってきます。

        もう少しは走れるようになるといいな。

         

         

         

        さて、今日の目的のもう一つは、新しい自転車に慣れること。

        そこで感じたファーストインプレッションを忘れないようにメモ書きしておく。

         

         

        良い点

        ・タイヤのグリップ

        23C→25Cになったからか、クリンチャー→チューブレスになったからかは明確には分からない。

        けれど、乗り心地もグリップ感も圧倒的に良くなった。

        ・最新の105(R7000)の良さ。特にフロントのシフトチェンジの短縮は感動的。

         電動だともっと違うのだろうけれど、これで十分な気がした。

         そしてブラケットはこれまでの10速時のアルテグラよりも細く、握りやすい。

         これも感動。

        ・ブレーキがよく効く。(コンポによるものか、ホイールが新品だからかは分からない。)

         

         

        悪い点

        ・ハンドル周り

        完成車なので仕方ないけれど、ハンドルの形状がNG。ステム長もあっていないので、これから変更を検討する。

        ・車輪が重い

        剛性もないし、重さも2000g以上らしい。

        ま、平坦メインで練習している限りでは大して分からないけれどね。

        輪行すると重っ!って思う。

         

         

        フレームの印象は特にないんだけど、フレーム単体だとそこそこ軽いし、キャノンデールのスーパーシックスエボ(最上級のやつ)からの乗り換えで、特に悪くも無いってことは、逆に素晴らしいということか。

        コンパクトフレームでダンシングで振りが軽くなった・・・かと思いきや、サドルが重いのか、特に印象無し。

        サドル軽くしたら変わるかもしれないけれど、自分はサドルバッグをつけるので、あまり変わらないかな。

         

        これまでのキャノンデール号に比べると、ハンドルは15mmくらい高い。

        ハンドルのリーチが長いので、サドル〜ハンドル間は、ブラケットポジションではこれまでとほぼ同じ。アップバーだと15mmくらい短い。

        ハンドルの形状は不満だけど、まずはステムを変えて様子見かな。

        5mm低くして、10mm伸ばしてみよう。

         

        **************************************************************

         

        帰宅後は長女を連れて病院。

        休日診療なので、3時間もかかった。

        こうして待合室で何時間も待つのは返って感染の危険性も高く、良くない。

        この点、どのくらい待ちそうか教えてくれたらいいのに。。。

         

         

        夕方は子供たちと公園&買い物へ。

        こうして子供たちと公園に行ける時間が貴重だと感じるようになった。

         

         

        公園前の道。

        東京では名古屋より少し早く、葉桜になりつつある。

        連光寺、V坂×5 / ニューバイク

        2019.04.06 Saturday

        0

          4月6日(土)

           

          こんなタイトルを書くと、まるで普通に東京で暮らしているような気分だなぁ。

           

          4時半起床。

          眠い。。。

          名古屋で単身だと早く起きる必要がないので、体が怠けたのか、自転車持っての移動で疲れているだけなのか。

           

          5時半で丸子橋集合して、今日はいつもの練習パートナーK長さんと。

          3月21日(木)の送別ライド以来なので、2週間少々空いたはず。

          けれど走り出すと、ローテの感覚に全く不安は無く、すんなりと入ることができた。

           

          しかし、体力の方は自分はまだまだリハビリの初期段階。

          右肘のリハビリに例えるなら、まだ箸を持ってラーメンを食べられない段階。

          だからK長さんの胸を借りるつもりで走る。

           

          多摩川沿いは最初はそこそこのつもりだったけれど、K長さんのペースに合わせようとするとどんどん苦しくなり、最後の方は脚が動かなくなる。

          矢野口から連光寺入り口までは流して、ここから再度上げる。

          ちょうどトラックが入ったのでこれに付くべく頑張ったけれど、途中の信号前でトラックにちぎられる。

          追いついてきたK長さんが先行して、そのまま天国坂まで離れていく一方。

          でもこうして目標が見えていると、しっかり追い込めるのでいい!

           

          休憩後、V坂へ。

           

          ここは5本。

          最初は260W台だったけれど、後は290W台で、4分くらいのリピート。

          けれど自分は脚も体も重く(質量が・・・)、K長さんは毎回軽々とすっ飛んでいく。

           

          9時帰宅なので、帰りもそこそこのペースで。

          体力が低下している自分は、後半になるほどキツくなる。

           

          自分と2人ではK長さんの練習にはならなかったかもしれないけれど、お付き合いいただきありがとうございました!

           

           

          *****************************************************************

           

          単身赴任中の帰省時は、結構やることがあるようで。

          その後は色々。

          パパとして夫として、自分のやるべきことを考える今日この頃。

           

           

          トランポリンて、とても疲れるのね。

          昔、海外でホームステイした時にホストファミリー先の庭のトランポリンから落ちて以降、個人的にはトラウマなのだけど久しぶりにやってみたら楽しかった。

          またやりたいなぁ。

           

           

          ***************************************************************

           

          夕方、新しい自転車の納車。

           

           

          日本有数のスーパーメカニック、O畑氏に組んでいただいた。

          学生の頃からの憧れの選手でもあり、知識も経験も半端ない。

          安いバイクに時間を割いていただいて申し訳ないと思うくらいなのだけど・・・ありがとうございました。

           

           

          コラムカットしてもらい、1cmだけ残す。

          これまでのキャノンデール号と比べるとハンドルは近め高めだけど、それ以外は全然違和感無し。

          感触を確かめながら、自宅まで30分ほどサイクリング。

          思った以上にいいんじゃないの?このバイク、という印象。

           

          明日の平坦練に持ち込んで、ペースを上げた時にどんな感じになるかを確かめてみよう。

          帰京

          2019.04.05 Friday

          0

            4月5日(金)

             

            今日は練習無し。

            1週間前に名古屋に来たばかりだけど、早速東京の自宅へ。

            仕事がそこそこ早めに終われば、金曜日のうちに帰れるのがいいところだ。

            広島だとそうはいかなかったので、これは助かる。

             

            一旦自宅に戻り、晩飯食べて、自転車持っていく。

             

            自宅から徒歩数分。

            住んでみるととても便利でいいんだけど、スーパーがなく、コンビニ飯ばかりになってしまうのが辛い。。。

            少し頑張って名古屋駅まで行けばあるのだけど、「成城石井」と「北野エース」・・・

            下地づくり

            2019.04.04 Thursday

            0

              4月4日(木)

               

              新しい地での最初の1週間。

              長いなぁ。

               

              さて、今日もローラー。

              インターバルやクリスクロスをやろうかとも思ったけれど、L4もできないヤツが何がインターバルだ、と思い直す。

              そんなわけで今日もL4。

               

               

              ◆ローラー   20分   268W

               

               

              昨日より1Wでも高くという目標で、何とか達成。

               

              次週まではL4の強化を行い、その次の週はストレングス走かなぁ。

              この2種目がまずは下地づくりとして重要だと思う。

              心臓と筋力の呼び起こしが先決。

              その先にインターバルやクリスクロスがあると思っている。

              これらはいわゆる実戦的な「対応力」の世界。

               

              コツコツと一歩一歩。

              L4で20分

              2019.04.03 Wednesday

              0

                4月3日(水)

                 

                昨日はSSTで20分できたので、今日はもう一歩頑張ってL4で。

                でも少し負荷を上げると、15分くらいから残りの5分のキツさが倍増してくる。

                キツい・・・と思った時に耐えられるかどうかが、乗れている時と乗れていない時では明確な差がある。

                 

                 

                ◆ローラー   20分   264W

                 

                 

                ********************************************************

                 

                名古屋の単身赴任先に、実家の母親から荷物が届いた。

                開けてみると、鍋に青汁に風邪薬。

                かなりメッセージ性を感じる組み合わせだ。

                 

                 

                息子はいくつになっても息子、親はいくつになっても親だと感じた。

                自分もできるうちに親孝行しないとな〜と思った。

                ボチボチ始動

                2019.04.02 Tuesday

                0

                  4月2日(火)

                   

                  久しぶりにローラー台に自転車をセットして跨ってみる。

                  いつ以来だか思い出せないな。

                   

                  いきなり高負荷のメニューをやるのはしんどいので、SSTくらいで20分回す感覚を思い出す。

                   

                   

                  ◆ローラー   20分   248W

                   

                   

                  まずはローラーをやったという事実がとても大事で、大きな一歩だ。

                  GWくらいまでに徐々に乗れてくるといいなぁ。

                  次のステージに向けて

                  2019.04.01 Monday

                  0

                    4月1日(月)

                     

                    今日は練習無し。

                     

                    昨日、T井さんが袖ケ浦エンデューロで優勝したとの報に触れた。

                    T井さんは、私がサチヨ練でお声がけさせてもらって以降、練習ではとてもお世話になっている。

                    こうしていつも練習するメンバーが優勝したという情報は、我が身のように嬉しい。

                    そして次の自分の練習のモチベーションにもなる。

                     

                    そのパワーと勝負勘、いつも学ばせていただいています。

                    これからもよろしくお願いします。

                     

                    それにしても自分は知らない自転車乗りに「お声がけ」をしてしまう癖があるんだな。

                    K長さんの時も、T井さんの時も、先日のW松さんにも。

                    とにかく心の中で無意識のうちに練習パートナーを探しているのかもしれない。

                    そのナンパが成功してもしなくても。。。

                    小心者なので、親分のように「誰でも」というわけではないのが少し違うけれど。

                    この名古屋でも、いい練習パートナーができるといいな。

                    雨沢峠&三国山へ

                    2019.03.31 Sunday

                    0

                      3月31日(日)

                       

                      部屋も一通り片付いて、それなりに物も揃ってきたので、今日はまったりと。

                       

                      まずは昨日に引き続きサイクリングから。

                      練習ではなく、まだ自転車に慣れる段階。

                      昨日は西の峠にご挨拶したので、今日は東の峠にご挨拶する。

                       

                      愛知県と岐阜県の県境にある、「雨沢峠」へ。

                      ここもストラバではそうそうたるメンバーが上位に名前を連ねている峠だ。

                       

                      東方面へ向かう際の「名古屋みち」はとても道幅が広く、「走りにくい」

                      信号のたびに「左折専用レーン」ができるので、イチイチ後方を確認しつつ、中央へ寄らなければならない。

                      これを快く思わないドライバーも多いので、かなり気を使う。

                      でも左折レーンの左側を走りながらそのまま直進するのは自殺行為かと思うのだが・・・。

                       

                      ちなみに帰る時には今日も別の数字の大きい県道を選択したのだけど、こちらのほうが正解だった。

                      名古屋では主要道よりもややローカルな地方道のほうが自転車にとっては走りやすい・・・というか安全だ。

                      片側2車線以上あると、殺気立ったドライバーがスレスレで(しかも高速で)抜いていくので、本当に気疲れする。

                       

                      瀬戸市を抜けると一気に田舎感が増す。

                      ここから雨沢峠へのヒルクライム開始。

                      雨沢峠も6kmくらいで、平均勾配の緩い峠だ。

                      国道なので二ノ瀬より道がいいので、つるっと上れてしまう感がある。

                      普通に走れば20分かからないだろう。

                       

                      頂上にはそれと分かるような趣は無し。

                       

                      代わりに、頂上少し手前からの分岐で「三国山(標高701m)」への林道に向かうことができるのが、この峠の大きなメリットだ。

                      全国に三国山とか三国峠とかはたくさんあるので、なんの変哲もない名称だけど岐阜県、瀬戸市(愛知)、豊田市(愛知)に跨る山だから、ということなんだろう。

                      車1台がやっと通れるくらいの林道で所々苔むしているので、注意が必要だけど、林道の半分くらいはインナーローで走らないといけないくらいの急勾配だった。

                       

                      で、頂上へ。

                       

                      景色最高!

                       

                      気温は6度で夏用ジャージだとかなり寒い。

                      さぁ下ろうと思ったところで、あるものを見つけてしまった。。。

                      この写真の後ろに止めてあった車・・・

                       

                      おかげでこんな人里離れた山頂まで99車やPCが来るまで待たなくてはならず、ウィンドブレーカー着ても震えが止まらない。

                      でも見つけてあげられて良かった。

                      合掌。

                       

                       

                      震えながら下って、麓の「おきなわカフェ やんばる」へ。

                      気を取り直して、少し温まろう。

                       

                       

                      ソーキそばが冷えた体に染み渡る。

                      帰宅時間を明確に定めずにこんな風にのんびりサイクリングなんて、子供ができてからはほとんどしたことがなかったので、不思議な感じと罪悪感と、「何かに間に合わないんじゃないか」みたいな切迫感が残る。

                      けれど、ここのカフェは良かったなぁ。

                      なぜ沖縄なのか聞きそびれたので、今度来た時に聞こう。

                       

                      帰りは戸越峠を経由して瀬戸市へ抜け、県道を通って帰宅。

                      向かい風が強く、ずっと下ハンだった。

                       

                       

                      ************************************************************************

                       

                      しばらく休んで、散歩を兼ねて食料品の買い出しへ。

                      一昨日に行ったスーパーがあまりにもしょぼかったので、別のスーパーをリサーチする。

                      どのみち近くにはないんだよなぁ。

                       

                      自宅の前の通り。

                      名古屋城に近く、「丸の内」という住所になる。

                       

                      散歩しながら近くの川を渡ると、一気に町の雰囲気が変わった。

                       

                       

                       

                       

                      へぇ〜、なんか昔の面影を残す、城下町って感じだなぁ。

                      いいね。

                       

                      更にこの先にある円頓寺商店街へ。

                      シャッター閉まった店が多かったけれど、今日はイベントをやっているのか、とても賑わっていた。

                      商店街の中のスーパーで買い出しして帰宅。

                      ここなら仕事帰りに寄ることができるかなぁ。

                       

                      自転車の練習環境と、家の周りの生活環境と。

                      できるだけ早く慣れたいところだ。