県ロード小周回レース編

2009.05.27 Wednesday

0
     県ロードの本レースが終わった後、小周回で行われるチームTTと個人ロードを観戦した。
    チームメイトが大挙して出るばかりか、監督も走るとあって、みんな興味津々。

    ★チームTT編。
    全部でbicinoko.comから4チーム。












    監督発見。




    チームTTはワンツー。
    走ってる写真は速すぎてブレまくりだったので、なし。


    ★個人ロード編










    ラスト1周。



    ゴール!テキサス氏優勝!
    ・・・あれ?
    いやいや、わざとじゃないっす(汗)



    というわけでゆっくりシャッター切れる表彰台で撮り直し(笑)


    チームメイト大活躍でした♪

    独り言

    2009.05.26 Tuesday

    0
       ジロに間に合わん!
      と頑張って仕事したのに。

      今日は休息日だった。。。

      もっとも、最近はジロをゴールまで見られた記憶がなく、いつの間にかソファーで寝ているケースが多いけど。


      今日はグッタリなので、写真の整理はまた明日にしよう。
      とか言ってるうちにどんどん記憶の彼方へ。
      ダメだなぁ〜

      熱い男

      2009.05.24 Sunday

      0


        いつしかの別府史之選手の全日本を彷彿させるような、雨の中の独走勝利。
        ショウゴが2年連続、3度目の広島県チャンピオンになった。

        今日のレースは安心して見ていられるほどの余裕ぶりで、さすが半プロの貫禄といったところ。
        ショウゴの今日の走りは別次元だった。
        すげーよ。
        ショウゴが日本中に知れ渡る選手になったら、
        「あいつに俺は揉まれてやったんだぜ〜」
        って言わないと・・・・??


        本日の県ロードには、bicinoko.comからは2名参戦。
        熱い男takky氏と、さすらいの機材班長みよさん。
        途中で二人とも降りることになってしまったけれど、熱い走りに感動しました。


        ▲「雨降るよ〜!」



        ▲熱い男@スタンバイ



        ▲熱い男@激走中。あれ?今日は例のモノが光ってない!?



        ▲苦しくて必死にもがいている顔・・・・ということにしときましょう


        とりあえず本日は広島県ロード編。
        他のレースはまた後日。
        写真はご自由にどうぞ♪

        山岳サイクリング

        2009.05.23 Saturday

        0


          今日はジロの山岳ステージに感化されて、山岳サイクリング。
          やっぱりサイクリングは楽しい。
          歯を食いしばって峠を上るのも、「この強度で何分」とか管理していなければ、自分にとってはサイクリング。
          150km走ってげっそり疲れて帰ってきても、それが楽しい。

          なんだろうなぁ〜、この感覚。
          五感に訴える自転車、ブームになるのが分かる。
          最近では本屋にも自転車コーナーが出来たりして。

          今日は久しぶりに以前の感覚が蘇ってきて、どこまでも踏んでいけそうな気がした日。


          don't wanna close my eyes

          2009.05.16 Saturday

          0

            最近の平日は実に単調。
            朝起きて仕事へ行き、仕事から帰って、ジロ見ながら晩飯食べて、寝る。
            たま〜にジロ終わってから走りに(足で)行くこともあるが、たいていそんな元気はない。

            仕事中はもうコールセンター並みに電話がかかってくるので、19時を過ぎないとまともに仕事ができない。
            以前は中四国9県を走り回っていたが、最近は社内業務をこなすので精一杯だ。
            なんとかしないとなぁ〜。


            昨日は多忙極める中、大阪で部門内担当者の集合会議。
            状況は全国どこも一緒。
            みんなお疲れ気味な雰囲気だった。
            しかも更なる怒涛の大波が押し寄せているとの情報もあり、もうアルマゲドン状態(笑)


            だが。
            自分的にはそういう雰囲気が嫌いではない。
            疲れはするし、ストレスもあるけど、自分の仕事の種類としてはかなり自分自身の裁量が問われるので、「やったろーじゃんか!」的な気分になる。
            営業として、外部との打合せ、内部での調整、数ある業務のスケジュール化。
            上司から「これをしろ」という類の業務はほとんどない。
            仕事から帰るころになると、朝の仕事が遠い昔のことのように感じる。



            が、休みの日は気持ちを切り替えてまったり。
            まったり・・・
            まったり、雨の極楽寺♪
            これも充電か!?

            速さへの憧憬

            2009.05.12 Tuesday

            0

              ペタッキ絶好調ですね。
              最近のスプリントといったらカヴばっかりだったので、懐古趣味のワタクシにとっては嬉しい感じです(笑)

              世のローディーの中には、「自身がロードに乗ってても、世界最高峰のプロレース観戦には興味なし」系な人が結構いるんですが、自分はレース観戦が大好き。
              特に世界最高レベルの、人間離れした連中のレースは。


              ボクにレース観戦の面白さを教えてくれたのは、大学時代のサークルの先輩F氏。
              自転車に乗るサークルではあったが、ガツガツ乗るサークルではなかった中で、自分のようにロードに興味がある輩なんてそうそういなかった。
              そんな後輩をかわいがってくれた、ローディーのF先輩。
              バイトで貯めたお金を全部つぎ込んで買ったデローザ・フルレコの愛車で走り回る先輩は、サークルの中では孤高の走り屋的存在だった。
              そんな先輩を羨望の眼差しで見つめる自分も異端児であったとは思うが(笑)

              で、ついにそのF先輩が
              「これを見てこっちの世界に来るのだ!」
              と言って貸してくれたのが、2003年のツールドフランスの録画DVD全21ステージ。
              重そうなカバンの中にDVDがぎっしり入っていて、カバンごと置いていった。

              そんないきさつで、初めて見たロードレースの動画が2003年のツール第1ステージ。
              中継が始まるときには確かベネトーとマンジャンともう一人の3人で逃げていて、最終的には吸収して集団スプリントに持ち込まれる、なんでもない平坦ステージ。
              しかし、当時のボクには何もかもが衝撃だった。

              「なぜ3人でこんなスピードを維持できるのか?」
              「こんな差が、あっという間に縮まるなんて・・・」
              「1km1分とか、時速60km??一瞬でも出ないよ!」

              などなど。
              出場している選手の名前も、注目のスプリンター(スプリンターという言い方も)も分からなかったが、とにかくそのスピードの「すげぇ〜」と感動しまくっていた。
              中でも度肝を抜いたのが最終局面。
              ラスト10kmからは本当に1km1分で走り続け、そこから更にスプリンターが炸裂!

              「ペタッキ ペタッキ ペタッキ!!ツァベルかマキュアンか!?ペタッキ ペタッキ ペタッキ!しかしベッティーニも来ているが!接戦制してペタッキ!!」

              4選手がハンドルを投げあうゴール。
              実況が未だに忘れられない。
              興奮して、何回も見た。


              当代最強の名を欲しいままにしたスプリンターでありながら、ナイーブでどこか精神的な弱さを時折見せるペタッキ。
              サイボーグのような強さを持ちながら、そんな人間的な面が好感を持てた。

              アレジェット!頑張れ!

              お疲れ様でした

              2009.05.10 Sunday

              0


                もみのき耐久の観戦に行ってきた。
                もみのき森林公園は標高900m近く、観戦しただけなのに自走で行くと十分疲れる。
                行くだけで精一杯で、ロクに応援することができなかった。ごめんなさい。

                自転車は・・・・しんどいです。
                みんなすげーや。

                やっぱり自転車人だな、自分

                2009.05.09 Saturday

                0

                  今日テレビをつけたらたまたま韓国ドラマをやっていて、ふと思った。

                  「韓国語のイントネーションと、能登の方言のイントネーションってそっくりだな」

                  って。
                  韓国語は分からないけど、語尾の感じとか。
                  ついこないだ能登へ行ったばかりなのでピンときた。
                  何か関係があるのかな?



                  それはさておき。

                  長いような短いようなGWが終わり、7日に仕事が始まって、「ちゃんと社会復帰できるかな?」と不安になっていたのだが、無用の心配だった。
                  眠い目をこすってても、急に海に突き落とされれば助かろうと必死に泳ぐ。
                  そんな感じか?

                  しかし仕事ができる人って、深夜になってでもジムにいって体を鍛えていたりする。
                  やはり体力がないと続かないのだろう。

                  最近「自転車競技を中止するから」ってハメを外して飲み食いしていたら、体重うんぬん以前に体力がなくなった。
                  動かないから体力は落ちて疲れやすくなるし、仕事でストレスはたまるし、それでストレス発散に飲み食いして体重が増えて肝臓にも負担がかかり、なおのこと疲れて動きたくない、では正に悪循環。


                  というわけでGW最終日からサイクリングを再開。
                  が、、、

                  久しぶりのサイクリング ⇒激しい日焼け ⇒家に帰っても火照って汗だく ⇒夜、布団を蹴る ⇒38℃の熱

                  という、やっぱり負の連鎖。
                  いや、これは自分が悪いだけか。

                  昨日の夕方くらいに悪化し、朦朧状態で仕事から帰ってきたけど、熱があっても風邪を引いても食欲が落ちないのが自分のいいところ。
                  体にいいもん食べて、熟睡すればサクッと治る(笑)
                  今朝には(たぶん)回復したので、極楽寺〜万古渓の心臓バクバクサイクリング。
                  およそ5月とは思えない暑さの中、激しく日焼けして帰ってきた。

                  懲りんやっちゃ。自分。

                  今夜布団蹴らなかったら、明日はもみのき耐久応援いきます。

                  おっとジロが始まる!

                  連休最終日

                  2009.05.06 Wednesday

                  0
                     5日の23時過ぎ、長時間の電車と酒の酔いに耐え、広島の家へ帰宅。
                    なんとこれまたイレギュラーなことに最終日を残しての帰広。

                    いえいえ、なんといっても広島のウチには自転車が待ってますからね!
                    ってわけでもないのだが、一般的オッサン化した昨今のワタクシの体力では、1日ゆっくりできる日がないと、仕事がしんどいですから・・・


                    では走らないのかというと、やっぱり走る(笑)
                    広島のドン、ぐち先生と加計のあたりで出会い、一緒にサイクリング。
                    自転車界ではすっかりレアキャラと化したokkyを覚えていてくださって、嬉しい限りです。

                    しっかしまぁ、さすがにこの2ヶ月飲み食いしすぎた体に自転車はキツイ!
                    こんなに自転車はしんどいのか?
                    こんなにこの坂はきつかったっけ?
                    って印象はもとより、各地点までの距離が自分のイメージの距離と違っていて、頭の中の地図がびよ〜んと四方に引き伸ばされた感じ。
                    久しぶりに3桁の距離乗って、実に疲れた。

                    思えばこのGWは飲んでばっかりだった。
                    28日の会社の月末納会で辛うじて家に辿り着いた記憶を皮切り、30日は嫁さんの実家でワインを2本空けたあと、お義兄さんと午前3時まで飲んでいて、1日は我が実家でこじんまりと、2・3日は高校時代の同期を飲み歩き、4日は母の実家の歓迎宴会で酔いつぶれ、5日は法事後の宴で昼から飲んだくれ・・・
                    毎日二日酔いで起きるのがスタンダードだったように思う。

                    が、苦しいほど食べて飲む生活にも飽きたので、ちょっとずつ運動して、食べるもの考えて、戻していこうと思う。
                    レースのためではない。自己嫌悪に陥らないため(笑)
                    64.8kgからのスタートです。
                    走れている時の平均は57〜58kg、去年の9月は56kg、瞬間最低値は53.8kg。
                    すごいアップダウンですね。

                    田舎暮らし

                    2009.05.05 Tuesday

                    0

                      田舎の宴会で、手荒い歓迎を受けた翌日。
                      朝からじいちゃんの畑まで散歩。何度来てものどかだ。


                      従兄の子供たち。
                      親は違うのだが、すっかりお姉さん♪



                      自分より一つ年上の従兄の第2子。
                      8ヶ月だが、従兄に似て素晴らしい安定感(笑)



                      従兄にレクチャーを受けて練習中(笑)
                      赤ちゃんの目が幾分不安そう(爆)