入院3日目 手術翌日

2017.06.28 Wednesday

0

    昨夜は痛みで眠れなかった。

    これほど痛いとは思わなかった。


    ロキソニンやボルタレン、筋肉注射や神経ブロックのカテーテルなど、様々な鎮痛措置にも関わらず、翌朝まで寝ることは出来ず、悶絶し続けた。

    ずっと関節技かけられながら、焼けた鉄板を腕に押し付けられてるみたいな。



    こいつがその痛みの要因か。

    「開いてみたら粉々だったよ」

    複雑骨折とのことで、入院が延びることも示唆された。

    参ったなぁ。



    今日は痛みは午前中がピーク。

    午後からは鎮痛剤の効果が少しは分かるようになってきて、夕方からまともに人と会話できるようになった。


    夕方に八木監督とナベさんがお見舞いに来てくれた。

    突然だったので嬉しびっくり!

    早く退院してこのステージに戻らなきゃ!という元気を貰えた。少し前まで痛みと葛藤していたので疲労感満載の対応でごめんなさい。。。

    ありがとうございました!


    入れ替わるように嫁さんが。

    最近のこどもの様子など。

    長女がお姉ちゃんシップを発揮しているらしい。大人が少ないと、「自分がやらなきゃ」という責任感が生まれるようだ。

    頼もしくもある反面、かなりストレスを貯めているだろうから、どこかで爆発しないといいけれど。


    夜になって、痛みがかなり緩和されたが、鎮痛剤のおかげで平静を保っていられることは間違いないので、いつも時計ばかり気にして「あと何分したら次のを飲まないと」とか考えて過ごしている。

    とにかく嵐のような1日だった。

    入院2日目 手術

    2017.06.27 Tuesday

    0

      手術日。

      8時半から手術とのことで、朝一番。


      2時間の予定が4時間近くかかったけど、無事終了。


      しかし、本当の闘いはここから。

      入院初日

      2017.06.26 Monday

      0

        月曜日。

        今日は入院日。


        いつものように朝起きて、今日は子供たちや嫁さんを見送って。

        11時までに病院に行けば良いので、それまでは仕事ができる!

        と、ギリギリまでお仕事。

        どうしても代打が利かない仕事や、土日にできないこともあるので、この辺は仕方ないなぁ。



        11時に滑り込んで、入院の手続きをして病室へ。


        ベッドが空いてないとかいうことで、差額ベッド代6000円の4人部屋。

        もったいないなぁ・・・・6000円あればそこそこの宿に泊まれるのに。


        院内のどこに何があるかを一通りチェックして、更に仕事。


        電話、メール、看護師カウセリング、電話、メール、採血、電話、メール、カテーテル挿入・・・・


        と、仕事と検査や施術が入り混じる。


        採血の時には「新人看護師にやらせていいですか?」と言われ、承諾。


        「あれ?血液が回ってこないです・・・」

        「もっと刺してみて」

        「このくらいですか?」

        「いや、もっと」


        とベテラン看護師の指導を受けながら。

        結構な内出血。


        おいおい・・・



        夕方にカテーテル入れて、麻酔がかかると右手が完全に動かなくなる。

        腕全体がだらーんと。

        メールが打てない・・・・


        まぁ、そんなわけで強制的にシャットダウン。


        さっさと寝て、明日の手術に備えましょうかね。

        落車後7日目 入院前日

        2017.06.25 Sunday

        0

          入院前日。


          残念ながらまだまだ体調は低空飛行・微熱一定で、身体はダルい。

          食事をとると、毎食後必ずスイッチが切れ、ソファーで寝たり、布団に吸い込まれたり。


          きちんと行動できるわずかな時間に、最低限やらないといけないことと入院の準備だけこなす。

          そのわずかな時間の中に、全日本選手権のライブ映像の視聴を含んでしまったのは良くなかった。

          時間の優先順位が相変わらず・・・


          夕飯は子供たちと一緒に近所の肉屋でから揚げ買ってきて肉祭り。


          明日からは病院飯なので、シャバの飯を楽しんでおく。

          落車後6日目

          2017.06.24 Saturday

          0

            今日は仕事もお休み。

             

            長男の保育園で「親子お楽しみ会」なるイベントがあり、長女も一緒に参加する。

            演劇見たり、紙飛行機作ったり・・・は一緒に出来ないけど。。。

             

            帰宅して、お昼ご飯食べる。

            ご飯もだんだん左手で食べるコツを掴んできたが、箸が使えないのでスプーンやフォークで。

            自宅ならともかく、ここ1週間、会社でのお昼ごはんは片手で食べられるパンやおにぎりばっかりだった。

            早くラーメンとか、箸が必要な和食系(魚とか)食べられるようになりたい!

             

            お昼ごはん後は眠くなってお昼寝。

            夜の睡眠時間は十分とっているのだけど、しょっちゅう起きるので、昼間でも眠くなる。

             

            夕方は子供と図書館行ったり。

             

             

             

            ところでここ数日不安に思っていることがあるんだけど、やはりあの「股関節の痛み」だ。

            肘は手術してそれなりにリハビリしていけば治っていくんだろうけれど、股関節の方は治るのだろうか。

            何が原因で、どうなっているのかが分からないから不安だ。

             

            歩いたり、日常生活としてはほぼ問題ないんだけど、低い椅子から立ち上がったり、小走りで走るみたいなのは痛い。

            側臥位で、右脚を上に持ち上げる動作の時に特に痛みが大きい。

             

            落車から6日も経ってほとんど改善が見られないということは、相当長い目でリハビリが必要なのだろうか。

            根本的に「何か」が故障してしまったのか。

             

            これは今回の手術とは別に、本気で相談しないといけないな。

            「ちょっと痛いです〜」「当たり前でしょ」みたいな軽いやり取りじゃなくて。

             

            落車後5日目 

            2017.06.23 Friday

            0

              金曜日。

               

              入院前最後の仕事となるため、色々と。

              帰宅は22時過ぎ。

              手がパンパンというか、もう色が・・・

              長女から「死んだ人みたい。気持ち悪い」と言われてしまった。

               

               

               

              そういえば・・・

               

              今日は仕事中に小林麻央さんが亡くなったとのニュースを見た。

               

              知人の結婚式で、6年前に海老蔵夫妻とは一度だけお会いしたことがある。

              本当にお人形さんのようにキレイな人だった。

               

              ご冥福をお祈りします。

              落車後4日目 再診

              2017.06.22 Thursday

              0

                木曜日。

                 

                朝からめちゃくちゃダルい。

                右腕の負傷なので、睡眠時に体が固定状態で寝返りが打てず、疲労回復が十分でない気がする。

                咳き込んで起きることもしばしばで、どうにかならないかこれ、といった感じ。

                 

                今日は大学病院での再診日。

                 

                麻酔科と整形外科。

                 

                麻酔科では、薬剤師、看護師、医師と面談。

                整形では前回とは違う医師。

                 

                ついでに足の擦過傷や、股関節の痛みについても相談したが、「大事無し」とのこと。

                転んだんだから当然でしょ。それよりちゃんと手術までに風邪治してね。と。

                それから手が変色してパンパンに腫れているのもよくあること、とか。

                 

                まぁベテランなんだろうけど、かなり適当感あり。

                逆にその感じが安心できる部分もあるんだけど。。。

                ついでに痛み止めや、風邪薬とかも出してもらった。飲み合わせを考慮してもらえるので、この点はやはり医師に処方してもらった方が安心だ。

                 

                 

                さてと。

                明日は手術前の最終出勤日で、当然ながら社内での打ち合わせ多数。

                何とか乗り切って、週末は入院の準備だな。

                 

                宿泊旅行も入院も、準備という点は大して変わらない。

                オムツとか必要という点を除けば・・・(笑)

                落車後3日目

                2017.06.21 Wednesday

                0

                  水曜日。

                   

                  熱が・・・37度台の微熱安定。

                  咳と鼻水がひどい。

                   

                  落車後の出勤は2日目だけど、夕方になるとかなりの疲れが襲ってくる。

                  腕の疲れと、パンパンに腫れて指が動かしにくくなること、熱によるだるさ、咳と鼻水、そして股関節の痛み。

                   

                  実は落車した直後は分からなかったけれど、右股関節を少し痛めてしまったようで、今日は特に歩いていても痛い。

                  当然走るのなんて無理。

                  ちょっと駅の階段とか小走りするのさえ無理で、これはどうしたものか。

                  下半身には損傷は無い(擦過傷のみ)と思っていたんだけどなぁ。

                   

                  落車後2日目

                  2017.06.20 Tuesday

                  0

                    火曜日。

                     

                    今日は怪我後、初出勤日。

                     

                    夕方からは熱も出てきて、本当にダルい。

                     

                    けれど、出社するような時間的・体力的余裕があるのは、今回のケースならではかもしれない。

                    9年前に飯田ロードでクラッシュしたときには、入院がいつからで・・・とか考える間も無かった。

                     

                     

                    9年前は飯田ロード@長野県で、広島から遠征で行っている中で、負傷した。

                    救急車で運ばれ、右鎖骨骨折・右肩甲骨骨折・気管支壁損傷・左右肺挫傷・全身擦過傷との診断で即現地入院。

                    これに比べれば遥かにマシ。

                     

                    レース展開 → こちら

                     

                    入院前編 → こちら

                     

                     

                    うーん、それにしても風邪の症状は良くないなぁ。

                    それでも単なる風邪であればまだ良しとすべきで、感染症の症状ではないことを祈るばかり。

                     

                     

                    受診は一日がかり

                    2017.06.19 Monday

                    0

                      月曜日。

                       

                      会社は午前休みをもらって、昭和大学病院へ。

                      嫁さんから「混むよ」とアドバイスをもらったので、長男を保育園に最早のタイミングで送っていき、受付開始前に滑り込む。

                      順番待ちも、自分の前には1人しかいない様子。早く来て良かった。

                       

                       

                      と思ったのだけど。。。

                       

                      まず、

                       

                      総合受付(どこいったらいいか)

                      初診受付(最初の関門)

                       

                      で、1時間経過。

                       

                      その後整形外科の受付に通されて、開業医から預かってきたレントゲン写真のデータ提出したら、

                      「データの読み込みに1時間かかり、その後に順番待ちになります」

                      とのこと。

                       

                      古代文明の書物じゃあるまいし、データの読み込みに1時間もかかるかボケ!と言いたいところだけど堪えて。。。

                      きっと複雑な院内のオペレーションがあるんでしょう。

                       

                      んで、30分くらい待った後、待ち時間に再度レントゲンとCT撮ります、ってことで呼び出される。

                       

                      ん?ここで撮るなら、あのデータ提出は不要だったのではないかとも思いつつ。

                       

                      CT撮るのに1時間、レントゲンで30分(相変わらず初診は後回しなので長いが)で、再び整形外科に「ただいま〜」

                       

                      さらに待ちぼうけ。

                       

                       

                       

                      お昼になって、「いつまで待てばいいんですかね〜?」と聞くと、「さぁ〜私にはなんとも」と受付の方。

                      そりゃそうだわな、「じゃあ私の前に何人いますか?」「少なくとも10人は・・・」

                       

                      おい!!!それ早く言えよ。

                      ここであと3時間も追加で待たせる気かっつーの。

                       

                       

                      ってことで1時間の外出許可貰って最低限の仕事関係。

                      近くのカフェでカタカタ。

                      PC作業は、意外とギプスがいい感じでアームレスト代わりで、タイピングが早くなった気がする。

                      しかし「○○株式会社 中村様」と打とうとしたら「○○蠏箍饉辧’麓ムラ尼」となったときにはウケた。

                      打ち間違いは多いようだ。

                       

                       

                      戻ってきて、再び待つ。

                       

                      そしてようやく診察。

                      やった〜!と思ったのはつかの間。

                       

                       

                       

                      先生「(CT見ながら)あ〜、これね。ほっといてもつかないからね、もちろん手術するんだけど、、、肘に外傷はないよね?」

                       

                      自分「擦過傷が・・・あると言ったろ! ありますね」

                       

                      先生「(看護師さんに)それとってみて」

                       

                      (ギプスを外し、擦過傷のガーゼもとる。)

                       

                      先生「あ〜、これは・・・ちょっと大変だよ。昨日は開業医にいっちゃったんだよね?」

                       

                      自分「行くしかないだろ はい、そうですね。」

                       

                      先生「ハサミ、持ってきて」

                       

                      いやな予感・・・

                       

                      先生「これ、男性は意識なくなる人がいるから、なくなりそうになったら言ってね。」

                       

                      言えないほど痛いから意識なくなるんだろ!と内心突っ込みながら。

                       

                      で、パチンパチンと傷口を切り出す。

                      そして何かでゴシゴシ拭く。

                      容赦ない。

                       

                      先生「大丈夫?倒れる?」

                       

                      自分「ん・・ごわぉぉぉお・・・ん、、、だ、だいじょうぶ・・・です」

                       

                      先生「じゃあ次はその洗面台行って・・・歯ブラシ持ってきて。できるだけ硬いやつね。ゴシゴシいくよ〜」

                       

                      自分「ぐわぁぁぁぁ・・・」

                       

                      みたいのが数分間続く。

                       

                       

                      ホントに局所麻酔みたいな選択肢はなかったのかな。。。

                      江戸時代か。

                      キツいローラーインターバル練習とかやっていた成果がここで発揮されたかもしれない。

                       

                      その後、血液検査、尿検査、心電図とか撮って、色んな同意書にサインして今日は終了。

                      また全身麻酔とのことで、明後日、麻酔科医の診察となった。

                       

                      そんなこんなで、入院は来週から。

                      どうも擦過傷が結構ひどくて、そのせいでプレートが入れにくく合併症の危険があること、ワイヤーになった場合には固定力が弱いので数ヵ月後に再手術になるかもしれないこと、半年はリハビリが必要なこと・・・は分かった。

                       

                      そうか。。。

                      先生は口撃も容赦ないけれど、事実を曲解するよりはいいので、あきらめるしかない。

                      ぼちぼち精神的な部分は処理しながら、一歩ずつ前向いて進んでいくしかないな。