Day9 尾根幹〜相模川

2019.01.05 Saturday

0

    1月5日(土)

     

    今日はK田さんと2人。

    K田さんと走る時は、どちらかというと駐日火星大使と走る時に似ていて、中強度でじわーっと走る感じ。

    駐日火星大使の時と違うのは、自分が前を引く時間が大半なので、自分のペースを突き破ることはないということ。

     

    ちょっと早朝に野暮用があり、待ち合わせを矢野口にしてもらった。

    品川の自宅を出る時の気温は4℃だったが、矢野口まで来たらマイナス2℃。

    かなり気温差があるものだなぁ。

     

     

    尾根幹は後半に向けて徐々にペースを上げていく。

    尾根幹に関しては先日の大使練の時よりも後半はキツいくらいまで上げることができた。

     

    前回同様、高田橋まではテンポに落として・・・

     

    高田橋からはK田さんとローテしながら、ペース走。

     

     

    ◆相模川沿い(高田橋〜金田)   15分17秒   259W

     

     

    2人ローテなのでまぁまぁ。

    でも前引いてても300W出ないという・・・。

     

    R246に入って、ここも残る力を振り絞るように走る。

    基本的には先頭固定で。

    でも今日は自分の力が残っていないのを察知してか、K田さんがたまに前に出てくる。

     

    本当は今日も余力があれば長尾台でストレングス走でもやって帰ろうかと思っていたが、そんな余裕はなく、腰も爆発寸前。

    なのでそのまま丸子橋渡って帰る。

    長原でK田さんと別れるまで、何とか平静を装って、実際には本当に疲労困憊で帰宅。

    5hで210W平均。

     

    疲れが蓄積しているなぁと感じるが、明日で最終日なので、耐えるのはもう一日だけだ。

     

    105km

     

    Day8 一人で修行系

    2019.01.04 Friday

    0

      1月4日(金)

       

      今日はお昼くらいまでは走れるのだけど、アポもないし、早朝起きて走る元気は無し。

      昨夜はとても疲れていたので、子供たちと一緒に21時に就寝し、目覚まし無しで7時起床。

      10時間寝ることができて、少し回復したかな?

       

      朝ご飯食べて、8時半くらいに出発。

      ライト無しで出かけるのは久しぶりな気がする。

       

      この時間だと遠くまではいけないので、近場での周回かリピートということになる。

      平坦練が続いていたので、少し登坂もしたいなぁとの思いから、V坂へ向かう。

      ガツンと上げてインターバルができる体調でもないので、L4とL5のちょうど間くらいを狙って、V坂をリピートする。

       

       

      ◆V坂  クライミングリピート   10本

       

       ・1本目   4分03秒   267W

       

       ・2本目   3分59秒   280W

       

       ・3本目   3分57秒   286W

       

       ・4本目   3分58秒   274W

       

       ・5本目   3分59秒   275W

       

       ・6本目   3分55秒   280W

       

       ・7本目   4分01秒   273W

       

       ・8本目   3分59秒   279W

       

       ・9本目   3分55秒   280W

       

       ・10本目   3分56秒   282W

       

       

      んまぁ、どうにか10本完遂。

      パワーのアベレージは低めなので、もう少しフレッシュな時なら、290Wアベくらいは目指せるかもなぁ。

      この手のやつはパワー上げたら、時間も短縮されるわけだし。

       

      下ってひと休憩して、長尾台へ。

      ここではシメのストレングス走をやる。

       

       

      ◆長尾台   ストレングス走   3本

       

       ・1本目   3分05秒   238W(65Nm)

       

       ・2本目   3分06秒   235W(63Nm)

       

       ・3本目   3分03秒   240W(69Nm)

       

       

      低いけれど、このタイミングでの練習なのでそんなもんでしょう。

       

      ここ数日誰かと練習することが多かったけれど、一人でもとりあえずやり切ったことに満足して帰宅。

       

      80km

       

       

      ちょっと腰が痛いかなぁ。。。

      でも腰が痛いのは、昨日のアンデルセン公園で重い自転車を漕ぎ過ぎたからかも(笑)

      係員さんに「スピード違反ですよ!」と言われてしまった。

       

      Day7 平坦練

      2019.01.03 Thursday

      0

        1月3日(木)

         

        毎年恒例の1月3日の新年初トラ練。

        千葉からW辺さん、そしてトラとら監督のY澤さん。

        走者としてはW辺さん、K長さん、自分。

         

        自分は疲労のピーク。

        もうサドルに座るだけで臀筋が痛い。

        でもこうして一緒に走るメンバーがいることで、早起きもできるし、強度も保つことができるからとてもありがたい。

        今日は外出予定があり、7時帰宅予定なので、サクッと負荷をかけてあとは回復に専念したいところ。

         

        走り始めると、やはりすぐに体が悲鳴を上げる。

        う〜ん、どうにもこうにも脚が動かず、ここまでひどいのは久しぶりだ。

        K長さんはいつものようにギューンとペースを上げて前に上がってきたので、回復できているのかな?

        今日はW辺さんにも長めに引いていただく。

         

        そうこうするうち、3周目が終わったところでK長さんが離脱。

        やはり疲労がたまっているようだ。

        K長さんは明日からご家族での旅行なので、ここで使い果たすわけにはいかないだろう。

         

        ここから2周をW辺さんと2人で走り、その後W辺さんはランへ。

        自分はあと3周をペース走。

         

        心拍はおそらく低めだけど、この苦痛といったら・・・。

        ラスト1周半で、流していたK長さんに1ラップして追いつき、ここから背後についていただく。

        後ろについてもらうだけでも大タレできないので助かるのだけど、最終周の復路では前に出ていただいてペースアップ。

        最後の最後まで、このコンディションなりに追い込み切って終了。

         

         

        ◆平坦練   8周(32km)   53分23秒   220W

         

         

        最初の2周くらいは平均で200Wを切ってしまっていたので、どうにか最低限のラインまで持ち直したかな。

        今日も朝からありがとうございました!

         

         

        練習が終わって解散してもして、まだ暗い。

        スピニングをかねて、もう数周流してから帰宅。

         

        50km

         

         

        ********************************************************************

         

        朝練後はそそくさと着替えて準備して、千葉県の「ふなばし アンデルセン公園」へ出発。

        ここはW辺さんのブログを見て、以前から気になっていたスポット。

        4種類の難易度別アスレチックコースや、様々な遊具、水遊び、ボート、動物とのふれあいコーナーもあって、本当に飽きない公園だ。

        開園直後に入り、閉園まで、丸一日遊ぶことができた。

        子供たちも大満足で、「また来たい!!」と言っていた。

        冬場なのでほどよい混み具合で助かったが、良い季節だと鬼混みらしいので、タイミングを選んでまた来たいなぁ。

         

        Day6 宇宙人とサイクリング

        2019.01.02 Wednesday

        0

          1月2日(水)

           

          今日はしっかり負荷をかける日。

          5時40分に丸子橋でK長さんと待ち合わせ。

          矢野口で駐日火星大使と待ち合わせのため、ここまではテンポで走る。

          K長さんも自分もそろそろ蓄積疲労があるため、うまく強度でバランスをとりたいところ。

           

           

          朝焼けがキレイだ。

          初日の出は残念だったけれど、31日と2日はしっかり日の出が拝めるなんて。

           

          駐日火星大使と練習するのは久しぶりだ。

          2017年はあまり走っていなかったようだけど、2018年の夏から復活して、最近はかなり乗っているとのこと。

          もともと地脚があるので、復活するのも早いのだろう。

           

          行先は尾根幹〜高田橋〜相模川沿い〜寒川神社(遠巻きに初詣)〜中原街道の予定。

           

          尾根幹はそこそこのペースで。

          駐日火星大使相手にガンガン上げると自爆必至なので、自分からは上げない。

          なんとなく回りのペースに合わせて引いていく。

          8割くらいかなぁ?

           

          尾根幹のエンドから高田橋までは交通量も多いので抑えめのペースで、大使の道案内に従って進む。

           

          で、高田橋からは相模川沿いを金田まで。

          ここは昔の(今も?)なるしまの冬の定番練習コースで、高強度区間のため、それにならってペースを上げる。

          やはり大使は低いエアロフォームで高速を維持する。

          同じスピードを維持するのは難しいが、できる限りで先頭交代をしていく。

          後ろに下がっている間に全然呼吸が収まらないが、気合いで前に出るのを繰り返す。

           

          う〜ん、とてもキツかった。

           

          K長さんは帰宅時間があるので、ここで離脱してR246で帰路につく。

          大使と自分は寒川神社へ。

          少し道に迷ったものの、無事に到着。

          (ちなみに、道に迷っても滅多に地図を確認しないのは、大学時代から全く変わらない。)

           

           

          鳥居の前から手を合わせて、初詣おわり。

          寒い中、自転車置いて、人ごみの中をかき分けていく勇気と気合はない。

           

          帰りの中原街道は、横浜以南は初めての道だったのだけど、意外とアップダウンが激しい。

          これはそこそこ練習にも使えそうだなぁ、なんて思いつつも、大使とローテしながら走るとどんどん脚が削られていって「今日はもういいよ〜!」状態。

           

          やはり中原街道でも道に迷って、いつのまにか綱島街道にて出ていた。

          そんなわけで大使には、丸子橋までお付き合いいただいて、お別れ。

          ヘロヘロになって自宅へ帰還。

           

           

          駐日火星大使と走るといつも思うのだけど、ミドルレベルで長時間じわーっと走ることが多いので、練習後半に向けてじわじわ消耗してくる。

          大使は長いロードレースだったり、耐久レースだったりが得意なので、後半になるほど体力差が大きくなる気がするんだよなぁ。

          季節に1回くらいは定期的に一緒に練習できると、刺激になってありがたい。

          これからもよろしくお願いします!

           

          120km

          Day5 平坦練 / あざみ野往復

          2019.01.01 Tuesday

          0

            1月1日(火) 元旦

             

            あけましておめでとうございます。

            本年もどうぞよろしくお願いいたします。

             

            平成最後の年となる2019年・元旦を迎えた。

            このブログも2009年1月から開始をしたので、丸10年となる。

            第三者の読み手のことはあまり考えておらず、ほぼ自分の練習メモでしかないわけだけど、よく続いているものだ。

             

            さて、そんなめでたい日ではあるけれど、やることはいつもと変わらず。

            昨年末から3日続けて平坦練へ。

             

            今日はK長さんと2人。

            今朝は自分たち以外にもたくさん自転車乗りを見かけるのだけど、どうも彼らは練習ではなくて初日の出を見に来ているみたい。

            もちろん車も多く、PCも巡回しており、元旦は練習にはあまり向いていないということを知った。

             

            いつもと同じ8周の予定で開始。

            当然脚は重く、心拍は上がらないものの、苦痛はでかい。

            一応なんとか巡行できそうな妥協点は見つけられそうだったので、このまま8周まで粘るか、と気持ちを切り替える。

             

            しかしK長さんの方が更に疲れが大きいようで、3周過ぎたところであまり先頭を回れなくなってきた。

            自分もキツいしちょうど良かった!と内心思いつつ、ここでいったん休息することを提案し、4周で一区切り。

             

             

            ◆平坦練   4周(16km)   26分59秒   234W

             

             

            少し休んで残り4周をやるつもりだったけれど、まだ連続した練習期間の中間日。

            あまり疲労を溜めすぎても明日以降の練習も中途半端になるとの考えから、ここで一旦終了することに。

             

            ちょうど日の出の時刻を迎えそうだったので、城南島へ行って初日の出を見てみることに。

             

             

            すごい人出。

            道路が真ん中まで車で埋め尽くされ、駐車場状態になっていた。

            で、肝心の日の出は雲が多くて見られず。

             

            K長さんは朝食までに戻る必要があるため、ここでお別れ。

             

            一人で周回を継続する。

            小周回を数周したところで「残りの4周をやっておくか」という気分になり、一人で4周走。

            目標は1回目のタイムを上回ること。

             

             

            ◆平坦練   4周(16km)   26分23秒   249W

             

             

            速くはないけれど、寒さもあるし、これで限界。

            十分頑張った。

             

             

            **********************************************************

             

            帰宅後、今日の予定が少し変わり、嫁さんの実家に新年のご挨拶に行ったあと、皆であざみ野の親戚を訪ねることになった。

            いつも通り、家族は車で、自分は自転車で。

             

            これは少し想定外だったので、できるだけ脚を使わないように、あえて抑えて走るように心掛けた。

            とはいえ往復2時間、46km分は追加されることとなるわけで、結局元旦は夜明け前から日没後まで自転車ジャージで過ごすこととなった。

             

            う〜ん、明日も4時半起きで練習なんだが、大丈夫かな?

            というか洗濯物が乾くかな?

             

            110km

            Day4 平坦練 / 長尾台ストレングス走

            2018.12.31 Monday

            0

              12月31日(月)

               

              大晦日ですね。

              当然ながら今日が走り納めということにはなるのだけど、結局明日が走り初めなわけで、特別感はないな〜。

               

              しかし練習メンバーについては、今日は特別で、J引さんが来てくれた。

              今日も練習場所はいつもの平坦練なのだけど、こうして強力なメンバーが増えると刺激になってやる気も増すというもの。

               

               

              黒塗りの高級車から、黒塗りの高級車が出てくる(笑)

               

              K長さん、J引さん、自分の3人で走り出す。

              まずは1周、コース紹介を兼ねて。

              そして次の周からいつもの8周のスタート。

               

              ローテは自分→K長さん→J引さんの順。

              そこそこのペースを作ってK長さんに代わる。

              ギアを上げなければ、ペースが上がり過ぎることもないので、ケイデンスが高いなと感じた時にそこで我慢して、シフトアップしないことが重要。

              なのだけど、1回のローテの間に、すでに1つシフトアップ。

              そして2周目のJ引さんの引きが強く、もう一段・・・

               

              いかん、これは自滅のパターンだ。

              しかしお付き合いしないのも客人に失礼なので、可能な限り合わせていく。

              昨日たくさん走ったK長さんは疲れているだろうから、自分がお相手をしないと。。。

               

              自分の中の一つの目安として、この平坦練で複数名で走った時に、平均パワーが250Wを超えるのは非常に稀で、自分の調子がいいことと強力なメンバーがいることの二つが重ならないと出ない。

              調子が悪いと220Wくらい、230W台なら普通、240W超えるとそこそこ調子いい。

              しかし、3周時点で255W。

              これはかなりキテいる。

               

              その後はJ引さんのペースがやや落ちてきたことで、少し落ち着き、6周目で245Wに。

               

              最後の2周は残る力を振り絞ってギリギリペースを刻む。

              ラスト1周に入った往路で、軽くジャブを打つ。

              2人とも無難に対応。

              もう一度ダッシュ。

              これにも対応されたので、最後まで一緒に行くことにする。

               

              最後のストレートはK長さん→J引さんという順番で前を引く形になったので、順番から自分がスプリントして終わりかな?と思っていた。

              しかし前を行くJ引さんがそのまま早めのスプリントを開始。

              即座にダッシュしてJ引さんをまくり、これでおしまい・・・??

              と思いきやしばらく並んで粘られ、ロングスプリントになり、息も絶え絶え終了。

               

               

              ◆平坦練   8周(32km)   49分32秒   251W

               

               

              やはり最終的に250Wを超えた。

              キツかった〜。

               

              その後大周回を2周して、練習終了。

              今年も一年ありがとうございました〜!

               

               

               

              さて、その後は一人での追加練として、場所を移して長尾台へ。

              本当はV坂へ行こうと思っていたけれど、意外と時間が押してしまい・・・。

              長尾台は3日前に来たので今年最後と思っていたけれど、結果的に今日が最後になった。

               

              まずはヒルクライムの感覚を思い出すのに、2本テンポで上る。

              230Wくらいで踏まずに階段を上るイメージで。

               

              そこからメインとなるストレングス走を3本。

              しかし走り始めてすぐに気づいた。

              3日前と同じギアでは脚が残っていなくて止まってしまう、と。

              そこで一段だけ落として頑張る。

               

               

              ◆長尾台   ストレングス走   3本

               

               ・1本目   2分59秒   250W(75Nm)

               

               ・2本目   3分02秒   243W(73Nm)

               

               ・3本目   2分58秒   248W(72Nm)

               

               

              平均ケイデンスは32rpm。

              臀筋がミシミシいってる。

              脚をほぐしつつ、もう1本テンポ上る。

               

              帰りは二子玉川までミドル走して、あとは流して帰宅。

              ストレングス走やると、やはり強烈にダルくなるなぁ。

               

              110km

              Day3 平坦練

              2018.12.30 Sunday

              0

                12月30日(日)

                 

                今日は7時帰宅なので、平坦練のみ。

                2日続けてそこそこ負荷をかけたので、今日は負荷はかけるけれど、短くして疲労回復を図る日。

                 

                5時半に集合したのは、I藤さんK長さん。

                いつものようにI藤さんはツキイチ、K長さんとローテして走る。

                 

                1周目の間に、自分の「ギリギリペース」を体感として把握することが大切。

                今日の体調ならこのくらいのペースなら1時間弱行けそうだ、という目算ペース。

                平坦走を積み重ねているので、だいぶこの感覚データが溜まってきて、早く察知できるようになってきた。

                 

                K長さんは少しペースの上げ下げがあり、余裕を感じる。

                I藤さんは、ペース(強度)の上げ下げというよりも、スピードの変化が苦手なようだ。

                今日みたいに風が強いと、強度は変えなくても自然にスピード変化は大きくなる。

                 

                自分の作戦としては、とにかくギリギリのペースを保って、K長さんの攻撃を防ぐこと。

                何とかK長さんダッシュは繰り出されず、最後まで一緒に行くことができた。

                 

                最後はローテの順番の関係で、K長さんに発射台になっていただいて、自分が発射。

                 

                 

                ◆平坦走   8周(32km)   52分39秒   239W

                 

                 

                風が強くてキツかったぁ。

                朝早くから今日もお疲れさまでした。

                 

                40km

                 

                *********************************************************************

                 

                家族の予定としては、今日はスケートに行くことになっていたのだけど、長男がまたもや発熱。

                う〜ん、長女→長男→また長男の順番で、これで三週連続だけど・・・。

                 

                そんなわけで、嫁さんと長女は予定通りスケートへ、自分と長男は予定を変更して休日診療へ。。。

                 

                泊まりのお出かけが無くなったので、日帰りのお出かけくらいは・・・と思っていくつか入れているんだけど、これも崩れていくのか??

                 

                Day2 湘南平サイクリング

                2018.12.29 Saturday

                0

                  12月29日(土)

                   

                  例年のごとく大阪へ行こうと思っていたのだけど、今年は祖父が入院していることもあって、お出かけは無し。

                  そこで実家に帰省しようと思っていたら、今度は親父がインフルにかかってしまい、これも無し。

                  更には、スキーに行こうと思っていたのも、嫁さんの学業が大事な時期なので、やめた方がいいとのアドバイスがあり、無しに。

                  そんなわけで、宿泊でのお出かけが全然無くなってしまった。

                  代わりに走れるといえば走れるので、自転車にとっては好都合ではあるのだけど。

                   

                   

                  今日は5時半にK田さんと待ち合わせし、走り出す。

                  当初の予定では西方面を考えていたが、今朝はかなり寒い。

                  東京都心でもこの冬初めて氷点下だったとのことで、行き先を南方面の湘南平へ変更する。

                   

                  K田さんは7時過ぎには折り返すとのことで、途中からは一人練になる予定。

                   

                  まずはいつものように馬絹からR246へ。

                  腰の調子は大丈夫そうで良かった。

                  それにしても指先が痛いし、喋ろうとしても口がうまく動かない。

                   

                  K田さんとは久しぶりだったけれど、かなり追い込んでもピッタリついてくる。

                  忘年会続きなのに?それとも続きだから酒パワー?

                   

                  長津田あたりで、6人の見るからに速そうなメンバーと出会う。

                  ん?そのうち一人はなるしまJPTのワタナベさん??

                  少し声をかけさせていただくと、これから浜松まで行くとのこと。

                   

                  ん?浜松町?

                   

                  と思わず勘違いしてしまうほどの距離感だ。

                  詳しくは知らないけれど、なるしまの登録レーサーだった方が立ち上げた「ビール ブリュワリー」とのこと。

                  最近はこの”Octagon Brewing”まで自走で行くサイクリストが多いらしい。

                   

                   

                  K田さんは町田で引き返し、しばらく彼らの後ろにつかせてもらう。

                  強い人たちだけど、距離が距離だけに、速過ぎず遅過ぎずそして走り慣れているので、とても快適に乗車させていただいた。

                  ありがとうございました。

                   

                   

                  厚木で別れて、まずは小田原厚木道路沿いを走る。

                  思ったよりも長くて。

                  平均では10分ちょっとで240Wくらいしか出ていないけれど、寒さもあって全然体が動かなかった。

                   

                  以下は、小田厚側道のデータ。

                  注目は気温だ(笑)

                   

                   

                   

                  その後は、湘南平へ。

                  以前、湘南平に来たのは、かれこれもう10数年前だろう。

                  社会人になってから行った覚えがない。

                   

                  久しぶりに走ると、予想外に勾配がキツかった。

                  ズドーンと直線的に伸びる急勾配は、ヤビツの序盤のようで萎える。

                   

                   

                  ◆湘南平   6分43秒   302W

                   

                   

                  しかし上り切った後の、朝の湘南の景色は素晴らしかった。

                  寒い日の良さは、やはりこれだなぁ。

                   

                   

                  あとは、箱根駅伝の復路と同じ経路で家に戻る。

                  行きが追い風だったので、帰りは向かい風を覚悟していたら、なんと帰りも追い風。

                  どっちも向かい風はよくあるが、どっちも追い風は滅多に無いので、とても快適なサイクリングだった。

                   

                  125km

                   

                  ローラー20分 / 長尾台ストレングス走

                  2018.12.28 Friday

                  0

                    12月28日(金)

                     

                    今日から冬休み。

                    だけど、今日までは実質的には自宅で仕事があるため、長い練習には行けない。

                     

                    朝の仕事が終わったところで、ローラー朝の部。

                    例によって休日初日の最初のメニューなので、しっかり負荷をかけておきたい。

                    先週はL5でのインターバルだったので、今日はL4での持久走。

                    L4だろうが、L5だろうが、時間が違うだけでキツさは変わりない。

                     

                     

                    ◆ローラー   20分   272W

                     

                     

                    おぉ、ここ最近の最高値じゃないか。

                    メニューを開始して「今日は調子いい」と判断し、30秒でギアを一つ上げて、そのまま20分間耐え続けた結果。

                    朝から吐きそう。

                     

                     

                    **************************************************************

                     

                    仕事がひと段落ついたので、午後から子供たちと公園へ。

                    と思いきや、公園では嫁さんに子守りをお願いして自分は少し走らせてもらえることになった。

                     

                    行先は、おそらく今年最後となる長尾台。

                    多摩川沿いは風が強烈で、全然前に進まない。

                    自宅からの平均パワーで230W超えてるのに、遅い。。。

                     

                    ようやく長尾台に到着して、そのままストレングス走を3本。

                    前回V坂で3本やった時は、歩くこともままならないくらいの腰痛になったのに、懲りない自分。

                    V坂よりは少し短いので、あそこまで酷くならないと信じたい。

                     

                     

                    ◆長尾台   ストレングス走   3本

                     

                     ・1本目   3分15秒   245W(平均トルク 78Nm)

                     

                     ・2本目   3分21秒   228W(平均トルク 69Nm)

                     

                     ・3本目   3分11秒   243W(平均トルク 78Nm)

                     

                     

                    十分キツい。

                    平均ケイデンスは28〜29rpmくらい。

                    ケイデンスが20rpmくらいまで落ちると、どうもパワーデータが飛んでしまうようで、前回も今回も一部「0」表示になってしまっていた。

                     

                    帰りは追い風&トラックペーサーにより、アウタートップをぶん回して帰宅。

                     

                    こうして走っている間はまだいいのだけど、やはり帰宅するとじわじわと腰痛が。。。

                    前回も酷くなったの翌日だったしなぁ。

                    明日になって爆発したらどうしよう。。。

                     

                    夕方の長尾台。

                    今年もお世話になりました。

                     

                    ローラー20分+実走40km

                    オギノパン往復

                    2018.12.24 Monday

                    0

                      12月24日(月)

                       

                      今日は祝日(23日の振り替え休日)でお休み。

                      なので、三連休の最後にあたる。

                       

                      今日の練習内容として決まっているのは、6時20分と遅めに丸子橋に集合すること、その後矢野口で初めて一緒に走らせていただくJ引さんたちと合流してサイクリングするということ、これだけ。

                      丸子橋から矢野口まではK長さんと2人だけど、多摩サイも利用しながら本当に流しで走った。

                       

                      自分ひとりだったら問題なく「流して」走ることができるのだけど、K長さんと2人で流すのって久しぶり。

                       

                      K長さんも自分も基本的にはいわゆる早朝ライダーだ。

                      午前の遅い時間まで走れればラッキーで、午後まで走れることはまずない。

                      短時間で効率的に練習するために、睡眠時間を削り、暗くて寒い中で出走しているわけなので、練習強度が低かったら申し訳ない・・・みたいな忖度が働くのは当然かもしれない。

                      だからK長さんと流していると「こんな時間を過ごしていて大丈夫なんだろうか」みたいな不安感がある。

                       

                      けれど、そんな不安も、矢野口でJ引さん、S水さんと合流して走り始めると一気に払拭された。

                       

                      J引さん、S水さんとは初めて。

                      初めての人と走るのはいつだって楽しいし、わくわくする。

                       

                       

                      J引さんの「黒塗りの高級車」

                       

                      低めの強度で・・・と聞いていたけれど、J引さんが最初からかなりいいペースメークをする。

                      いわゆるサイクリングだとしたら、もっと強度は低いはずだけど・・・と思いながらも、「失礼にあたってはいけないので」同じペースをキープするよう心がける。

                      けれど、それに被せるように上がってくるので、完全にまずいパターンのローテーション。

                      前走者が走っているスピードの105%で前に上がってを繰り返すうち、いつしかギリギリペースに。

                       

                      橋本に抜けて、小倉橋からのアップダウン。

                       

                      このあたりは一定で・・・と思ったら、J引さんが誘うように上げてくる。

                      なので、自分も呼応して全開レベル。

                      う〜ん、キツい。

                       

                      ここでS水さんは折り返し。

                      オギノパンまではもう少しなので、残った3人で行ってみると、開店が9時半からとのことで閉まってる。

                      そういえば以前もこのパターンだったような(汗)

                      9時半まで待って入ったのでは、自分の帰宅時間に間に合わないので自分だけ離脱しようかと思ったのだけど、そんな話をしたら結局3人全員で引き返すことになった。

                       

                      で、先に引き返して帰路についているS水さんを追いかける形になる。

                       

                      頑張って橋本でキャッチ。

                      ここからは最後の尾根幹を、高速ローテ。

                      かなり疲労感が出てきたけれど、これが練習を思って踏ん張る。

                       

                      クロスコーヒーで少し休憩。

                      初めて一緒に走るのに、ここまで来てようやくJ引さんと面と向かって話す時間ができた(笑)

                       

                      連休最終日にやはり良い練習ができた。

                      今日もありがとうございました〜!