帰京

2019.04.05 Friday

0

    4月5日(金)

     

    今日は練習無し。

    1週間前に名古屋に来たばかりだけど、早速東京の自宅へ。

    仕事がそこそこ早めに終われば、金曜日のうちに帰れるのがいいところだ。

    広島だとそうはいかなかったので、これは助かる。

     

    一旦自宅に戻り、晩飯食べて、自転車持っていく。

     

    自宅から徒歩数分。

    住んでみるととても便利でいいんだけど、スーパーがなく、コンビニ飯ばかりになってしまうのが辛い。。。

    少し頑張って名古屋駅まで行けばあるのだけど、「成城石井」と「北野エース」・・・

    下地づくり

    2019.04.04 Thursday

    0

      4月4日(木)

       

      新しい地での最初の1週間。

      長いなぁ。

       

      さて、今日もローラー。

      インターバルやクリスクロスをやろうかとも思ったけれど、L4もできないヤツが何がインターバルだ、と思い直す。

      そんなわけで今日もL4。

       

       

      ◆ローラー   20分   268W

       

       

      昨日より1Wでも高くという目標で、何とか達成。

       

      次週まではL4の強化を行い、その次の週はストレングス走かなぁ。

      この2種目がまずは下地づくりとして重要だと思う。

      心臓と筋力の呼び起こしが先決。

      その先にインターバルやクリスクロスがあると思っている。

      これらはいわゆる実戦的な「対応力」の世界。

       

      コツコツと一歩一歩。

      L4で20分

      2019.04.03 Wednesday

      0

        4月3日(水)

         

        昨日はSSTで20分できたので、今日はもう一歩頑張ってL4で。

        でも少し負荷を上げると、15分くらいから残りの5分のキツさが倍増してくる。

        キツい・・・と思った時に耐えられるかどうかが、乗れている時と乗れていない時では明確な差がある。

         

         

        ◆ローラー   20分   264W

         

         

        ********************************************************

         

        名古屋の単身赴任先に、実家の母親から荷物が届いた。

        開けてみると、鍋に青汁に風邪薬。

        かなりメッセージ性を感じる組み合わせだ。

         

         

        息子はいくつになっても息子、親はいくつになっても親だと感じた。

        自分もできるうちに親孝行しないとな〜と思った。

        ボチボチ始動

        2019.04.02 Tuesday

        0

          4月2日(火)

           

          久しぶりにローラー台に自転車をセットして跨ってみる。

          いつ以来だか思い出せないな。

           

          いきなり高負荷のメニューをやるのはしんどいので、SSTくらいで20分回す感覚を思い出す。

           

           

          ◆ローラー   20分   248W

           

           

          まずはローラーをやったという事実がとても大事で、大きな一歩だ。

          GWくらいまでに徐々に乗れてくるといいなぁ。

          次のステージに向けて

          2019.04.01 Monday

          0

            4月1日(月)

             

            今日は練習無し。

             

            昨日、T井さんが袖ケ浦エンデューロで優勝したとの報に触れた。

            T井さんは、私がサチヨ練でお声がけさせてもらって以降、練習ではとてもお世話になっている。

            こうしていつも練習するメンバーが優勝したという情報は、我が身のように嬉しい。

            そして次の自分の練習のモチベーションにもなる。

             

            そのパワーと勝負勘、いつも学ばせていただいています。

            これからもよろしくお願いします。

             

            それにしても自分は知らない自転車乗りに「お声がけ」をしてしまう癖があるんだな。

            K長さんの時も、T井さんの時も、先日のW松さんにも。

            とにかく心の中で無意識のうちに練習パートナーを探しているのかもしれない。

            そのナンパが成功してもしなくても。。。

            小心者なので、親分のように「誰でも」というわけではないのが少し違うけれど。

            この名古屋でも、いい練習パートナーができるといいな。

            雨沢峠&三国山へ

            2019.03.31 Sunday

            0

              3月31日(日)

               

              部屋も一通り片付いて、それなりに物も揃ってきたので、今日はまったりと。

               

              まずは昨日に引き続きサイクリングから。

              練習ではなく、まだ自転車に慣れる段階。

              昨日は西の峠にご挨拶したので、今日は東の峠にご挨拶する。

               

              愛知県と岐阜県の県境にある、「雨沢峠」へ。

              ここもストラバではそうそうたるメンバーが上位に名前を連ねている峠だ。

               

              東方面へ向かう際の「名古屋みち」はとても道幅が広く、「走りにくい」

              信号のたびに「左折専用レーン」ができるので、イチイチ後方を確認しつつ、中央へ寄らなければならない。

              これを快く思わないドライバーも多いので、かなり気を使う。

              でも左折レーンの左側を走りながらそのまま直進するのは自殺行為かと思うのだが・・・。

               

              ちなみに帰る時には今日も別の数字の大きい県道を選択したのだけど、こちらのほうが正解だった。

              名古屋では主要道よりもややローカルな地方道のほうが自転車にとっては走りやすい・・・というか安全だ。

              片側2車線以上あると、殺気立ったドライバーがスレスレで(しかも高速で)抜いていくので、本当に気疲れする。

               

              瀬戸市を抜けると一気に田舎感が増す。

              ここから雨沢峠へのヒルクライム開始。

              雨沢峠も6kmくらいで、平均勾配の緩い峠だ。

              国道なので二ノ瀬より道がいいので、つるっと上れてしまう感がある。

              普通に走れば20分かからないだろう。

               

              頂上にはそれと分かるような趣は無し。

               

              代わりに、頂上少し手前からの分岐で「三国山(標高701m)」への林道に向かうことができるのが、この峠の大きなメリットだ。

              全国に三国山とか三国峠とかはたくさんあるので、なんの変哲もない名称だけど岐阜県、瀬戸市(愛知)、豊田市(愛知)に跨る山だから、ということなんだろう。

              車1台がやっと通れるくらいの林道で所々苔むしているので、注意が必要だけど、林道の半分くらいはインナーローで走らないといけないくらいの急勾配だった。

               

              で、頂上へ。

               

              景色最高!

               

              気温は6度で夏用ジャージだとかなり寒い。

              さぁ下ろうと思ったところで、あるものを見つけてしまった。。。

              この写真の後ろに止めてあった車・・・

               

              おかげでこんな人里離れた山頂まで99車やPCが来るまで待たなくてはならず、ウィンドブレーカー着ても震えが止まらない。

              でも見つけてあげられて良かった。

              合掌。

               

               

              震えながら下って、麓の「おきなわカフェ やんばる」へ。

              気を取り直して、少し温まろう。

               

               

              ソーキそばが冷えた体に染み渡る。

              帰宅時間を明確に定めずにこんな風にのんびりサイクリングなんて、子供ができてからはほとんどしたことがなかったので、不思議な感じと罪悪感と、「何かに間に合わないんじゃないか」みたいな切迫感が残る。

              けれど、ここのカフェは良かったなぁ。

              なぜ沖縄なのか聞きそびれたので、今度来た時に聞こう。

               

              帰りは戸越峠を経由して瀬戸市へ抜け、県道を通って帰宅。

              向かい風が強く、ずっと下ハンだった。

               

               

              ************************************************************************

               

              しばらく休んで、散歩を兼ねて食料品の買い出しへ。

              一昨日に行ったスーパーがあまりにもしょぼかったので、別のスーパーをリサーチする。

              どのみち近くにはないんだよなぁ。

               

              自宅の前の通り。

              名古屋城に近く、「丸の内」という住所になる。

               

              散歩しながら近くの川を渡ると、一気に町の雰囲気が変わった。

               

               

               

               

              へぇ〜、なんか昔の面影を残す、城下町って感じだなぁ。

              いいね。

               

              更にこの先にある円頓寺商店街へ。

              シャッター閉まった店が多かったけれど、今日はイベントをやっているのか、とても賑わっていた。

              商店街の中のスーパーで買い出しして帰宅。

              ここなら仕事帰りに寄ることができるかなぁ。

               

              自転車の練習環境と、家の周りの生活環境と。

              できるだけ早く慣れたいところだ。

              二ノ瀬峠 初詣

              2019.03.30 Saturday

              0

                3月30日。

                 

                名古屋に来たからには・・・

                ということで、中京地区のサイクリストにとって聖地とも言える「二ノ瀬峠」(正式には二之瀬越らしい)に行ってきた。

                 

                山の神さんや、今やテレビタレントのゴロー氏のブログ等でも拝見してきた峠。

                 

                名古屋の中心部にある自宅から、麓までは32kmだった。

                「名古屋の車の運転には注意しろ」

                と言われていたけれど、全くその通りで東京から来るとそれを痛感する。

                一時停止で止まらない、携帯かけながら走る、自転車の存在を無視して曲がってくる・・・etc

                もちろん皆ではないけれど、比率がかなり高いと感じた。

                これまで思っていた以上に注意して走らなければ。

                 

                 

                二ノ瀬の入り口。

                今日は様子見なので、あまり頑張らずに上る。

                それにしても、これまでほとんどサイクリストに会わなかったのに、この人たちはどこからやってきたの?というくらいに自転車乗りが多い。

                休日のヤビツ並みだ。

                 

                距離は6km少々くらい?で、平均斜度も6%少々くらい?という走り応えという意味ではあまりない峠なのだけど、名古屋近くということもあり、アクセスはヤビツよりも良い。

                だから地元にヒルクライマーはここを何本も上ったり、練習の一部に組み込んで工夫したりしているようだ。

                 

                路面状況は良くはないが、とりたてて悪いというほどでもない。

                ヤビツよりは少し悪いくらい。

                 

                 

                頂上で、どんな人が上ってくるのか見ていたら、アクアタマのジャージを着た人が上ってきた。

                東京・神奈川エリアのチームなので、声をかけたら、転勤で岐阜に来ているというW氏だった。

                 

                Wさん・・・どこかで聞いたような・・・

                 

                と思いつつ身の上話などを続ける。

                 

                「名古屋市内に住んでいるなら、M本さん(山の神)や、S宮さん(沖縄210優勝)もいるから、練習仲間がいていいですね!」

                 

                などと言われ、彼がそのレベルであることを知ったとき、Wさんの名前を聞いたことを思い出した!

                失礼しました。。。

                 

                <cyclist記事より>

                E1入賞選手たち。後列左から3位の石上優大(横浜高校自転車競技部)、優勝でネクストイエロージャージを獲得した若松達人(GRUPPO ACQUA TAMA)、2位の品川真寛(TEAM YOU CAN)。前列左から5位の梶田歩(Pinazou Test Team)、6位の山根理史(チーム スキップ)、4位の西谷雅史(チーム オーベスト)

                 

                 

                さて、雨も降ってきたので、帰りを急ぐ。

                当然帰り道は往路とは違う道で。

                 

                できるだけ多くの道を走って、この街の地理感覚を覚えたい。

                そして地図だけではわからない交通事情を体感しておくことも重要だ。

                ここに行くにはこの道を通って行くべし、ということを感覚的にわかるようになるために。

                こういうことも、走りこんできて練習時間を1分も無駄にしたくないと思ったら、むしろできなくなってしまう。

                走れていない今だからこそ、そういう心の余裕があるわけで。

                 

                信号とかを含めた平均移動速度は25km/h程度。

                東京では20km/hが基本なので、100kmに5時間かかるが、ここでは4時間くらいで済みそうだ。

                色んな経験ができて良かった。

                名古屋へ

                2019.03.29 Friday

                0

                  3月29日(金)

                   

                  今日はいよいよ名古屋へ自分が移動する日。

                  今月は出張ベースで名古屋へ来る機会が多かったけれど、今度こそ「片道切符」となる。

                   

                  引っ越しの荷出しはすでに済んでいるので、最後に残った愛車だけを持って。

                   

                   

                  思えば、13年前に新入社員として広島に赴任した時も、同じスタイルだったように思う。

                  マイスタイルとも言えるが、進歩が無く相変わらずとも言える。

                   

                  ふと広島に赴任したころを懐かしく思い、その当時のブログを読み返してみる。

                  こういうことが日記レベルで残っているのがブログのいいところだな。

                   

                  2006年広島赴任時の日記

                   

                  まぁTOJに出たいとか何とか、身の丈に合わないことを言っていたなぁとは思うけど。

                  やはり自転車に対する熱意も今より圧倒的にあったような。

                   

                   

                   

                  さて、気を取り直して、現在。

                  今回の引っ越しでこれまでと少し違うのは、単身赴任であるため、自分の家が東京にも残ること。

                  二重生活なので、あまりたくさんのものを持って行ったり、買ったりすると、この後戻るときに大変。

                  できるだけコンパクトな生活を心がけたいとは思っている・・・自転車を除いては。。。

                   

                  東京の自宅は品川駅に近いし、赴任先も名古屋駅から歩いて行けるので、ドアtoドアでも2時間半くらい。

                  だから場合によっては仕事終わってから帰るとか、早朝に自宅を出て通常出勤とかできる範囲だ。

                  この点は広島の時とは違うかなぁ。

                   

                   

                  そんなわけでサクッと名古屋ついて、不動産屋で鍵受け取って、引っ越し業者さんを待ち受ける。

                   

                   

                  部屋にものが入ってきて、即開梱。

                  一人暮らしって、荷物が少なくて荷物開けるのは楽だなぁ。

                  (ちなみに自宅から持っていくものを選ぶ時は結構悩む)

                   

                  せっせと配置して。

                  ガス開いて、この日にあわせて注文しておいた洗濯機や冷蔵庫とかも次々到着。

                   

                  夕方から名古屋駅まで散歩していって、足りないものリストに基づき買い出し。

                  カーテンやら座椅子やら枕やらキッチン用品やら購入して、歩いて帰るにはあまりにも荷物が多いので、帰りはタクシー。

                   

                  まぁ何とか住めるかなくらいにはなった。

                  まだ買い物リストは半分くらいしか終わってないけれど、週末でなんとかなるでしょう、という目途までついたので上出来だ。

                   

                  これからの自宅でありながら、まだ何か他人の家にお邪魔しているような、ホテルに宿泊しているような不思議な感じだ。

                  このあたりは時間とともに実感が湧いてくるんだろう。

                  引っ越し休暇

                  2019.03.28 Thursday

                  0

                    3月28日(木)

                     

                    昨日から会社はお休みをもらって、お引越し。

                     

                    昨日は朝から最後の準備をして、午後には引っ越し業者の積み荷作業。

                    この時期の単身パックだと、女性が二人で作業していたのだけど、大変そうだなぁ。

                     

                    単身生活用に家電買ったり、PC買ったり、色々手続きしたりで、何かと忙しいお休みだった。

                    荷物も少ないし、「自転車でも乗れるんじゃね?」と密かに思っていたのだけど、とてもそんな余裕はなかった。

                    次の生活の目途がついて少し気が緩んだのか、火曜日頃からやや風邪気味。

                    けれど、これまでの1か月と違って睡眠時間をしっかり確保できているので、これ以上悪化することもなくキープできている。

                     

                     

                    今日の午後からはやや時間の余裕もできたので、散髪に行って、自転車で2時間ほどサイクリング。

                    「走りにくい」と、高松から引っ越してきた当初はさんざん文句を言っていた東京の街。

                    相変わらず街中は1時間に20kmも進まないけれど、走れない体にはしょっちゅう信号で止まるのはありがたく感じた。

                     

                    そして夜は家族で外食・・・最後の晩餐的な??(笑)

                     

                    さて、明日は名古屋の新居での搬入。

                    どんな生活が待っているのか、楽しみだ。

                    四月からブログ再開します

                    2019.03.24 Sunday

                    0

                      長いことお休みしてましてすみません。

                      生きてるかとの問い合わせをいただき、とりあえず報告します。 


                      生きてます^_^


                      単身赴任にあたりかなりバタバタしてますが、とりあえず。

                      自転車は3月で200キロちょっとしか乗れてないので、4月からリハビリですね。


                      頑張りますよー!