平坦練×2

2018.12.02 Sunday

0

    12月2日(日)

     

    日曜日なので、定番の平坦走。

    朝5時半に集合したのは、K田さん、K長さん、自分。

     

    前後ライトを点灯させて出発。

    今日はやや北風が強い。

     

    港湾部の夜景を眺めながらクルーズしようとしていたら、すぐにK長さんが前に上がってくる。

    K長さんは昨日(しかも午後に)130kmくらい走っているので、疲れているはず(という自分の願望だけど)。

    しかし早めに上がってくるのは調子がいいのか??

     

    K田さんはいい感じでローテしてくる。

    K田さんの後ろは空気抵抗が大きく減るので、とても走りやすい。

     

    K長さんが3周目にいきなりいなくなる?

    それまでいつも通りローテしていたのだけど、昨日の疲れがきているみたい。

    少し長めに引きつつ。

    自分も後半スピードを上げようと思っていたけれど、前引く時間が長いので、徐々に余裕が無くなり予定が崩れていく。

    しかしまぁ練習なんだからそれでいいのだ。

     

    ラスト3周に入ったところで、K田さんが次の練習の集合時間のために離脱。

     

    K長さんと2人でローテしつつ、残りをひたすら耐える。

    すると、なぜか最終周回に入るところで、K田さんが戻ってきた。

    どうやら集合時間を早めに勘違いしていたようで。

     

    3人になったことで、一瞬余裕が生まれて、最後に向けてスピードを上げる。

    ラスト半周でK長さんが離脱し、K田さんを引いて。

    残り数百メートルでダッシュしてきたK田さんにギリギリ張り付いて、ラスト100mでまくって終了。

     

     

    ◆平坦走   8周(32km)   50分27秒   254W

     

     

    前を引く時間が長いと、パワーがやや高くなる。

     

    今日も早朝からありがとうございました!

     

     

    少し休んだあと、親分練に行くK田さんと別れて、K長さんと2人で流す。

    親分練に合流する手もあるのだけど、今日はもう少し自分と向き合いたかったので、ここから一定のミドル走をする。

     

    2周ほど流したあと、K長さんに張り付いていただき、ミドル走を開始。

    引き続き小周回を走る。

    K長さんは2周で離脱して帰路につく。

     

    上げ過ぎないように、休まないように、ひたすら耐える。

    ローテがない分、自分のペースに集中して。

     

    6周目くらいから明確にきつくなってきたので、せめて早朝と同じ8周までと思って粘る。

     

     

    ◆平坦走   8周(32km)   54分32秒   241W

     

     

    かなり脚が痛くなった。

    やはり1人だと長い。

     

     

    その後は2周ほどゆっくり・・・というかフラフラと流す。

    すると、マサさんたちの大集団がやってきたので、これに便乗。

     

    マサさんは本日もTTハンドルに後輪ディスクという仕様。

    というよりもその恰好!!

     

     

    12月だというのに。

    「すぐ発熱するんで」

    とは、羨ましい限り。

    やはり筋肉量多いと発熱量も増えるんだなぁ。

     

    大周回を2周ほどお邪魔して本日の練習終了。

    9時20分帰宅で110km。

    スポンサーサイト

    2018.12.10 Monday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL