今シーズン最後のサチヨ練(15回目)

2018.11.24 Saturday

0

    11月24日(土)

     

    本日は11月最後の週末ということで、今シーズン最後のサチヨ練へ。

    10時半の帰宅予定なので、ちょうど練習部分の最後まで行けるはず。

     

    昨日に引き続きのK田さん、そしてとても久しぶりにK長さんと3人で出発。

    少し集合までの時間がおしていることもあり、すでにK長さんが速い。。。

    そして集合までにかなり疲れてしまった。

    昨日のロングからまだ十分回復できていないので、ぐぐっと耐える走りはできても、ビューンとスピードを上げる走りはできないと感じる。

     

    サチヨ練は最後ということもあって、今日はそこそこ人数多め。

    その中には米谷選手の姿も。

     

    やはり最初のあかね台の上りから耐えないといけないくらいの強度がかかる。

    いい目覚ましになるわぁ。

    そしてすでにK田さんががが、、、

     

    緑山の上り。

    ハルトさんが先頭引いて、数番目にK長さん、その後ろに米谷選手、そして自分の順番で1列棒状。

    K長さんが中切れしそうになると、米谷選手がK長さんのお尻をポンと押して左側から前に上がる。

    おお・・・あまり公道練習時に左から上がるのは見ないけれど、米谷選手にとってはあまり関係ないんだろうな。

    そういう距離感に慣れているから、特に危なくもないんだろう。

     

    自分はなんとか前のグループについていけそうな脚は確認できたが、ついていくだけでいっぱいいっぱいな感じ。

    あまりスピードが上がらないような場所だけ先頭を引いておく(笑)

     

    連光寺はBeeさんの強烈な引きにより、番手であったにも関わらず前に出られず、中切れゴメンナサイ。。。

     

    GS前でK田さんは離脱。

    ここからK長さんと2人で最後まで。

     

    鑓水は序盤のアタックにより形成された集団に食らいついたものの、Beeさん、ハルトさん、米谷選手、もう1名と自分という構成のため、ローテに入れず。

    ゾンビで最後まで連れて行っていただいて終了。

     

     

    ハルトさんのドグマ???に試乗する米谷選手。

     

    ここでK長さんと離脱して帰路につく。

    尾根幹では復活したK長さんが速い。

    特に前に出る瞬間のスピード差がすごくて、ズバーンと行ってしまうのだけど、自分もここを合わせていく余力が残っていない。

     

    多摩川側道はK長さんの先頭固定で引いてくれるとのことなので、ここはありがたく乗車。

    完全な客車になるのは少し落ち着かないけれど、客車固定はとても快適な高速サイクリングだった(笑)

     

    ありがとうございました!

    スポンサーサイト

    2018.12.10 Monday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL