日曜平坦練

2017.09.10 Sunday

0

    日曜日。

    昨夜は早めに寝床に入ったものの、やはり眠れない。
    このところの不調はこの睡眠障害があると感じる。

    脚がむずむずしたりという、いわゆる「むずむず症候群」があって、全速力で走り出したくなる衝動に駆られ続ける。

    とても寝られたものではない。
    実際に動かないとどうしようもないというわけでもなくて、たぶん気持ち次第だとも思うんだけど。
    一旦起きて、他のことをしていると、それに気をとられているうちに自然と眠くなって寝られる準備が整う・・・そんな感じ。
    だけど、ここ数日は実際には寝床に入ってから起床するまでの予定睡眠時間の半分も寝られないと思う。



    さて、本日は日曜平坦練習の日。
    昨日の富士チャレに参加していたK長さんも来られるとのことで、本日も2人練習となった。
    どうも昨日のレースで想定していたリザルトを下回ったようで、悔しいので今日も練習します!と。

    自分としてはおかげで、起きて走り出すことができた。

    体はとても重い。
    ロング翌日の重さとは違って、神経系の重さ。

    6時前に到着すると、すでにK長さんは来ていた。
    いつもはピナレロとは違ってルックの自転車で。


    2人でローテしながら、いつもの8周。
    最近、最初からぐいぐい行って、5周くらいしか持たないことが多いので、何とか8周を完遂するということを目的に開始。

    自分が先頭で走り出すと、やはり脚が痛い。
    ギアはいつもより1段軽めで、抑え気味のはずなのに・・・。

    ここはしばらくはこの軽めのギアで回していこう。
    ギアを上げるのは5周完了後(残り3周回)だな、と決める。
    今日は風もほとんどないので、周回を通して同じギアで行ける。

    ケイデンスを上げる。
    呼吸は上がる。
    ギアを上げたくなる。
    我慢。

    これを繰り返す。

    最初の印象では3周くらいで脚が終わってしまうかと思ったけれど、意外と5周まで維持できた。
    昨日レースで燃え尽きてきたはずのK長さんが普通にローテしているのがいい刺激になったかもしれない。


    ラスト3周でギアアップを許容し、ペースアップ。
    2ローテ目でK長さんがいなくなり、ここから2周少々は単独走。

    このギアを維持したまま、ケイデンスも維持・・・・

    キツい。。。

    最終周回はちょっとタレて、ケイデンスが落ちる。


    ◆平坦走   8周(32km)   48分36秒   244W


    終わってみれば、これまでの8周回のベスト。
    48分まで持っていければ、アベ40km/hになる。
    これまで50分切りを目標に、49分台⇒48分台と推移してきたので、着実に進化しているけれど、10月以降は空気も冷えてくるのでタイムは狙えなくなるのよね。
     

     

    **********************************************************

     

    帰宅後は五反田でやっている「恐竜展」へ。

    アロサウルスの模型が実際に動き回るのは迫力があって、子供たちは楽しかった様子。

     

    スポンサーサイト

    2017.09.20 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL