連光寺×3 / パイオニア・ペダリングモニター導入

2016.05.14 Saturday

0
    目覚し切って寝たので、起きたら昼だったりして・・・

    と期待していたのだが、残念ながら3時間後の6時。
    この3時間も起きては寝て・・・の繰り返しで、このまま寝る努力をするのも疲れてきたので、起床。

    で、走る。

    4時起きなら大垂水の先へと思っていたが、6時起きだとそこまでの時間がない。
    昨夜、なるしまのオバタさんから「PのPM届いたよ」とメッセージが入ったので、可能であれば開店と同時に交換しにいきたい。

    帰宅時間は嫁さんに引き延ばしをお願いしつつ、朝起きてから簡単に洗車。
    デフォルト状態だといつも「汚すぎる!」とご指摘いただくので。
    「毎日練習するんだったら、洗車&メンテを自分でそこそこやるか、月1回くらい持ってこないと。」
    と。

    そりゃそうなんですよね。
    「時間は作るもの」という意識は奥底でありつつも、そのためには練習メニューの時間を減らすか、睡眠時間を削るか、と考えると、いつも後回しになってしまう。
    ちなみに学生の頃は、2日に1回、スポーク1本1本に至るまで丁寧に洗車していたんですけどね。


    で、そんなこんなで7時出発。


    連光寺へ。
    2日合計で5時間しか寝られていないので、脚は重い・・・・と思いきや、そうでもない。
    旗の台から中原街道に入り、丸子橋を経由して、川崎街道へ。
    中原街道からは、ミドル走レベルで走り続ける。
    これまでやってきた街道練は、信号間をL5で繋ぐという、ほとんど全開に近い走り方だったけれど、今日は少し余裕を持ってそこそこのハイペースをキープするイメージ。

    そこそこ心拍が上がった状態のまま、連光寺へ。
    ここは全開。
    連光寺頂上で落として、天国坂上までは流し。

    サチヨ練のコースを経由して、連光寺2本目。

    今度はミドルペースで天国坂上までペース走。

    で、またサチヨ練コースで、連光寺3本目。
    今度は全開。
    途中信号でやや減速し、前のトラックについて、全力ダッシュ。
    昔やってたカーペーサーを思い出した。
    全力でモガいているけれど、徐々に遠ざかっていく車。
    連光寺の緩斜面で50km/h近くまで上がった。

    コンビニで休憩し、なるしま@神宮へ向かう。
    川崎街道〜二子玉川〜R246で渋谷。

    都心は走りにくいなぁ。
    本当に360度に常にアンテナを張りながら走らないと、どこからどんなアクシデントがやってくるか分からない。
    脚よりも、脳が疲れる。



    この自転車と3年半。
    クランク&パワーメーター入れ替えという初めての大手術。
    写真は施術前に、なるしま前で撮影。



    今回は左側だけの導入。
    自分の場合、明らかに左脚の使い方に問題があり、それを改善したいという思いもあって。
    そして目立たないのも○。
    このパイオニアのステッカー、どうも最近貼られて出荷するようになったみたい。
    剥がしたら1g減るかな(笑)


    ペダリングモニターのサイコンは、とにかく情報が多岐に渡る。
    どんな情報をどんな単位で、いつ見たいのか。
    そんなことを自分で登録できるようになっているのだが、その種類を理解するだけでも大変。

    最低限、自分が表示を希望する情報は、

    ・ラップタイム
    ・ラップアベレージ出力
    ・現在の出力
    ・現在の時刻

    の4つ。
    厳密に言えば、現在の出力は重要じゃなくて、ラップの情報と、現在時刻(つまり帰宅予定時間まであと何分あるのか)さえ分かればいいんだけど。
    ケイデンスは特に重視していないのだけど、これからは変わるかも。

    んで、6つ情報が表示できる画面があったので、追加で、

    ・速度
    ・距離

    を表示するようにしておいた。
    この画面を基本にして、後はトレーニングタイマーの専用画面とかを、すぐ切り替えられるように作っていく感じかな。



    なるしまから、自宅まで約40分。
    その間、明治通り〜山手通りを通ってきたデータ。




    実際は40分近くかかるので、半分は信号で止まっているということか。
    都心を走るには暴走気味かな・・・。

    スポンサーサイト

    2017.04.25 Tuesday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする
      トラックバック
      この記事のトラックバックURL