シューズ&ペダル交換

2013.06.18 Tuesday

0
     シューズとペダルを替えた。

    シューズ : SIDI ERGO2 ⇒ SPECIALIZED EXPERT
    ペダル : SPEEDPLAY ⇒ Shimano  SPD-SL


    シューズについてはこれまでいくつか試して、たいていはSIDIに落ち着いていた。
    他に浮気するたびに、「やっぱりSIDIが合ってるや」と戻っていたけれど、やっぱり再度浮気してみる。
    最上級モデルでなく、ミドルグレードにしたのは、ERGO2が少々硬すぎたと感じたため(ペダルかシューズか分からないが)。ミドルグレードの方が単純に安いし、有意な差を自分自身で感じられないのであれば、あえて高い最高機種を選ぶ必要はない。




    ペダルについては出戻り。
    SPEEDPLAYはダイレクト感という点で素晴らしかった。
    おそらくシューズとの相性を追究して使用すれば、この上ない機材になるだろう。

    けれど、自分にとってはキャッチのしやすさとか、クリートの歩行のしやすさとか、あまり本来の性能ではないかもしれない部分の使い勝手が気になる。
    そこでSPD−SLに戻してみた。

    一旦黄色クリートを付けてみたが、全然ダメ。
    気持ち悪くて仕方ないので、赤クリートに即変更。
    クリート位置はかなり後ろ目。



    で、今日は夜サイクリングで横浜往復。
    往復で約40km、クリート位置を調整したり、サドル高さを変えたりしながら走った。
    こういうことって、走りこんできたらできない(やりたくない)し、今だから気軽にできること。
    ペダルもシューズも替えたので、何が原因でこういう違和感に繋がっているのかよく分からないけれど、以前に近い感覚で走るための調整をしていたら、サドルが5mmも上がった。

    ステムを17度にしてハンドルを下げたい、と思っていたが、これで少し緩和された気がする。
    しばらく様子を見よう。


    横浜 みなとみらい方面

    ステム

    2013.06.13 Thursday

    0
       そんなわけで、ハンドルを少し遠く低くしたい。

      高松に居た頃は、近く・高くなっていった気がする。

      それで速く走れれば問題ないと思っていたし、実際一つの方向性としてはアリだったのかなぁと思う。
      「あるポジション」で慣れると、そこから変えにくくなるので、変えるなら今のうちだ。

      現在のステムは90mm、83度。

      100mm、73度でもいいかなぁと思う。

      そういえば100mmのステムならどっかにあったはずだな・・・(汗)

      ソックス

      2013.06.04 Tuesday

      0
        自転車用のソックスって、異様に高いよなぁ・・・と思いつつ、一般のソックスではなかなかいいのが無かった。
        何度か試してみたけれど、だいたいは分厚かったり、丈が短すぎたり、カラーが嫌だったりで、結局は自転車用のものを買っていた。

        で、今回「自分も懲りないよなぁ」と思いながら買ったのは、 ユニクロのアンクルソックス。



        良かった。
        長さもちょうどいいし、メッシュな感じなので、涼しい。
        330円。
        とりあえず商品が切り替えになる前に、買い溜めしておこうかな。

        シェイクダウン

        2012.09.14 Friday

        0
           やはり実走してみないと、フレーム特性やらポジションやらは煮詰まらない。
          週末まで待てないので、金曜日は少し早起きして、走りながら調整。
          6時までには帰ってこないといけないので、走り始めは当然真っ暗。


          <ポジションについて>
          フレーム換える前に、予め主要なポジションの長さはメモしておいたので、当初はこれでひとまずのポジション出し。
          当然ながら大きくは狂わない。
          けれど、シートチューブアングルやハンガー下がり等、細かい部分の角度や寸法は違うので、それが違和感となって現れる。
          でも出力に大きく関係するのは、サドルとペダルの位置関係だけだと思う。
          ハンドルが高いとか低いとか遠いとか、慣れの問題。

          工具を持って走って、ちょこちょこいじる。

          最終的にこの写真撮った後、サドルは3mm後ろへ、でもって2mm上げる。
          そして後ろ下がりに。
          そしたらほぼ違和感なし。

          それにしても・・・

          クランクの回転が悪い。
          ガリガリ言うのはFディレーラーとチェーンが接触していただけだったのですぐ直せたが、クランクを逆回転させた時に、明らかな重さがある。
          手で回したら結構負荷がかかるし、脚で回してもシマノのホローテック兇醗磴Α

          う〜ん、こんなもの、ってことは無いと思うのだが。




          <フレームについて>
          あくまで何万キロも走って、10回以上落車して、こんな状態↓になったNOKOアルミノと比べての話だが。








          改めてやばいな。
          お盆明けくらいからこの状態だった。


          まず第一に感じたのは、固くてスコーン!と進むということ。
          後ろから蹴られてるみたい。
          全体的に剛性感があって、アルミノよりも明らかにゴツゴツ来る。

          この点は初代「なるしま号」からアルミノへ乗り換えたときには、「あれ?フルアルミなのに、柔らかいなぁ〜」と思ったので、アルミノの方が柔らかいんだろう。
          ある人に乗せてあげたら「サスペンション入ってるかと思った」と大げさな表現をいただいたほど。

          スーパーシックスエボに乗って30分くらい経つと、「不思議なバイクだな」という印象を持った。
          ゴツゴツなのに、不思議と路面追従性はいい。
          ポコポコ跳ねる感じが無い。
          これでおまけに軽いんだから、優等生って感じだな。
          ホリゾンタルに近くて、シートチューブ側のボトルが取り出しやすくなったのもいい。


          しかしながら、今日走って思ったのは、フレームよりもポジションだ。ということ。
          アルミノに乗り換えたときもしばらく悩んだな。
          石鎚まで時間が無いので、明日乗ってポジション出しには答えをだそう。
          そしたらきっと最高の相棒になってくれるはず!

          GARMIN来たる

          2011.07.19 Tuesday

          0

            本当は昨日のうちに自転車の室内トレーニングができる環境を作ろうと思ったのだけど、あまりにも片付けを放置し過ぎたため、片付けだけで昨日が終わってしまった。
            台風の影響で早く仕事が終わったため、本日ホコリが溜まったバイク整備と、ローラー環境の整備。



            ▲パワータップのメーターが、春先に走ったときに脱落しトラックに轢かれたため、早くもお釈迦に。
            ちゃんとブラケットに嵌ってることを確認しなかったボクのミスですけど。
            液晶の漏れが激しく、全く見えなくなったので取替え。
            同じものを買うのはバカバカしいので、せっかくなのでANT+で通信可能なGARMINに。


            今日はシェイクダウン的に20分くらいローラー。
            何をしたらいいのか分からない。
            とりあえずダラダラ、180W前後でペダリングを考えながら回す。
            子供が目を覚ましたので途中で止め。

            体重は63.8kg
            自転車に乗らなくなって、脚は太くなり(筋肉部分は細くなって、脂肪がつき、プラスマイナスではプラス)、腹回りは太くなり(単純に脂肪がプラス)、腕も太くなった(子供を抱えるため筋力がプラスされ、脂肪も当然プラス)。
            ま、レースに出ようと思ったら最低3ヶ月くらいの順応期間は必要だろうから、ヒルクライムレースに出るのも10月くらいからだろう。
            その頃までには自ずと体重も減って61kgくらいなのかな。

            11月で60kgくらい。

            来年は50kg台まで絞れているといいな。

            完全に希望的観測。

            ポジション

            2011.01.23 Sunday

            0

               

              一昨年の宮田ヒルクライムでトレーニングを止めてからずっと変え続けている。

              サドルの角度、高さ、ハンドルの高さ、クリートの向きや位置も。

              ようやく「これだ」というポジションが見つかった気がする。
              格好悪いポジションだが、手足が短い体のジオメトリーを考えれば、仕方が無い。

              股下は79cm、サドル高さは68cm。ちょっと低めだけど、セオリーくらいで収まった。
              サドルはかなり前に出した。
              クリートは一番後ろまで深くした。
              ハンドルの高さはいつも冬と夏で変えていたが、レースをするならあと10mm低くてもいい。

              走っていて一番しっくりくるポジションだと感じた。

              モノ選び

              2009.11.15 Sunday

              0
                 部屋のイメチェン。

                昨日、今日と走り回って、ようやく形になってきた。

                自分の要塞を作る。とても楽しい。

                あとはパソコンの買い替えをしないとな〜。
                このノートパソコン、半分イカレてるし。

                今度はデスクトップにしよう。



                それから、車。

                もう少し買うまでには時間があるけれど、今からどうしようか悩んでいる。

                そういえばボク自身、マイカーこそないものの、いろんな車に乗った経験はある。

                それは仕事で営業をしていることと、マイカーがないが故にレースの遠征の際にはレンタカーで行っていたためだ。

                営業車と同型のニッサン・ウィングロードにはもう10万キロ近く乗っているが、ティーダ、デミオ、フィット、ヴィッツなどの小型車から、レガシィー、アリオン、MPV、プリウスなどの中堅車、果てはレクサス・LS、シーマやセンチュリー(先日、取引先の副会長と!感激でした)まで、思えばかなり乗っている。

                あーこれは微妙とか、え?予想以上じゃん!とか、色んな感想をその度に感じている。

                いい経験をさせてもらっている。

                車選びに活かさない手はない。

                パワー計

                2009.03.13 Friday

                0
                   今日は休養日。


                  最近一人で走ることが多くなったので、無性にパワー計が欲しいと感じるようになった。
                  他人と練習していればチギりあったり、先頭交代したり、それなりに練習のしようがあるが、一人だとたとえモガいていても(市川さん曰く)“I am champion”なので、どこかで自分に妥協しているのではないかと不安になる。

                  強度管理や、その日の調子を知る上でもパワーでの把握は的確だと思う。
                  心拍は同じ強度でも徐々に上がっていく。K団地を同じスピードで3本、4本、と上っているとどんどん心拍は高くなる=苦しくなる。
                  けれどスピードが上がっているわけではない。

                  ヒルクライムなどは個人TTに近いので、いかに頂上までの平均スピードを上げるかが重要だ。
                  だとするとパワー計は、なおのこと・・・・という気はする。


                  しかし、パワー計は高い。
                  それだけの費用をかけて、有効活用できなかったらどうしよう、と考えてしまう。
                  最初だけ物珍しさで使ったものの、1週間で見事にぷっつり、なんてことになったら・・・。
                  そんなことを考えはじめると
                  「そもそもパワー計があれば効率的な練習が出来る、なんてことを3流ホビーレーサーが考えてること自体、ただの無いものねだり的練習逃避ではないのか」
                  と自問し始める。


                  うーん・・・

                  いる、いらない、いる、いらない、いる・・・・
                  1