長尾台ストレングス走 / 名古屋日帰り

2019.02.16 Saturday

0

    2月16日(土)

     

    今日は8時戻りのため、5時半集合でK長さんと長尾台へ。

    暗い中ではあるけれど、信頼できるパートナーとのローテは苦にならない。

    今朝のK長さんは絶好調で、ガンガン引きまくってノリノリだった。

     

     

    ◆長尾台   ストレングス走   4本(+1本)

     

     ・1本目   3分02秒   255W(80Nm)

     

     ・2本目   3分06秒   250W(75Nm)

     

     ・3本目   3分05秒   249W(78Nm)

     

     (・4本目   3分41秒   207W)

     

     ・5本目   3分08秒   245W(78Nm)

     

     

    3本目で一度オールアウト状態で、4本目はインナーギアで実質レスト。

    5本目に4度目のストレングス走を頑張っておしまい。

     

    以前は長尾台でも340W前後の普通のインターバルばかりやっていたが、やっぱり自分にとってはこちらの方が効く気がする。

     

    帰りの多摩川沿いも高速ローテでガンガン上げて、丸子橋から流して帰宅。

    たったの40kmの練習だけど、密度の濃い練習ができた。

     

     

     

    ********************************************************

     

    帰宅後は長女の小学校の作品展へ。

    来春の長男の中学に向けて、学童の書類の手続きなど。

     

    そしてお昼前から、自分は物件探しに名古屋へ。

     

     

    おっと、これじゃなかった。

    たまたま名古屋駅で見かけたんだけど、せっかくだからこっちに乗りたかったなぁ。

     

    で、仲介業者まで行きすがら、名古屋市街を散策しつつ。

    名古屋って駅からでたことあったっけ?

    う〜ん、10年以上前にバスへの乗り継ぎで出たことはあったのと、もっと前に東京から自転車で走ってきて通過したことはあったのと・・・。

    くらいかな。

     

     

    改めてデカい都市だなぁ。

    これまで経験した都市の人口規模で言えば、東京は除いて、前住んでいた高松市の3倍が広島市、広島市の倍が名古屋市、名古屋市の1.5倍くらいが横浜市ということになるらしい。

    でも横浜の場合は東京の近接都市なので、地方の単独都市としては大阪市の次に多いということになるんだろう。

     

    無事に住居も決まり、まずはひと段落。

    帰りの新幹線で味噌カツサンドを食べながら、これから始まる新しい(自転車)生活に思いを馳せる。

    具体的にイメージがわいてくると、少し不安感も払拭されてくる気がする。

    ローラー20分走でPB更新

    2019.02.14 Thursday

    0

      2月14日(木)

       

      今朝は脚がかな〜り重く、今晩は練習無しかなぁなんて思っていたのだけど。

      久しぶりにまともな時間に帰れたので、とりあえず乗っておくかと。

       

      で、全く期待せずに回し始めたら、脚が軽い!

      おぉこれはいい線いけるのでは?と思い、20分間集中することにした。

       

       

      ◆ローラー   20分   282W   176bpm/Ave (193bpm/MAX)

       

       

      ひたすら目の前のアナログ時計の秒針だけを見つめながら。

       

      キツかったけど、PB更新できたので、達成感大。

      昨日あれだけネガティブコメントを書いたところだけど、今日は良かったので、相殺できたかな。

      やっぱり数字に縛られてるな〜。

      久々の平日ローラー

      2019.02.13 Wednesday

      0

        2月13日(水)

         

        朝ご飯の準備をしていたら、

         

        「パパぁ、あのさ、最近ローラーとかしてないからさ、自転車で走るの遅くなっちゃってるんじゃない?」

         

        と急に長女に言われた。

        なんでこんな心配をしてくれるのか分からないのだけど、お母さん的だと感じた。

         

         

        そんなわけ・・・・でもないけれど、今日は久しぶりに平日ローラー。

        時間が30分も作れないわけじゃないのだから、逃げちゃダメだ、と思った。

        やるメニューはストレングス走。

        アウタートップ(52×11)のローラー負荷設定最大だけど、ケイデンスは50ちょいくらいかな。

         

         

        ◆ローラー   ストレングス走   2分(レスト5分)×3本

         

         ・1本目   342W

         

         ・2本目   339W

         

         ・3本目   331W

         

         

         

        ◆ローラー   高ケイデンス走   10分   206W   111rpm

         

         

        ストレングス走は、どんどん落ちるばかりだった。

        これまでの感覚でいけば、2本目以降も340W台をキープできそうと感じた。1本目の時点では。

        しかし実際には数字は残酷で、このところの練習ができていない状況を反映した結果となった。

         

        ま、気楽に構えつつ、次の上昇気流を捉まえられるまで待ちましょうかねぇ。

        平坦練×2

        2019.02.11 Monday

        0

          2月11日(月・祝)

           

          今日は朝の平坦練の予定だったのだけど、5時に起きると雪!

          うーんまた天気予報にやられたか。と思いながら練習は中止ということで二度寝・・・

          しようと思ったら、今日参加いただく予定だったJ引さんはすでに集合場所まで車で来ているとのこと。

          そうだ、J引さんははるばる車でここまで来ていただいているんだった!

          二度寝しないでしばらく様子を見ていたら、K長さんも集合しているとのことで、雪降っても仲間がいればいいかという気分になり、自分も着替えて向かう。

           

          7時に到着し、K長さん、J引さんと合流。

          ちなみにこういう時に大抵休まないI藤さんは先に一人で周回をして、7時には撤収したようなのだけど、ほんとすごいと思う。

           

          3人でまずはいつもの小周回の下見で1周。

          凍結やコースの状況を見ていく。

          特に問題なしと判断し、ここからいつものやつを。

          ただし、雪が強くなってきたら中断するつもりで。

           

          で、走り出すととにかくK長さんの引きが強い。

          むむ、これは同じように回ったらいかんヤツだ!

          と悟り、冷静に走るよう心掛ける。

           

          J引さんはインフルで10日間の病み上がりで、今日は本調子ではなさそう。

          それでも普通にローテして、前に出ても同じペースで引いていけるのは凄い!

           

          自分は昨日攣りかけた左足の付け根のあたりが痛くて、一踏み一踏みが重い。

          下がって2人の後ろにつく時、毎回精一杯姿勢を低くしてモガく、、、を繰り返している状態。

           

          いやぁそれにしても向かい風でK長さんが踏んでいると、前に出れる気がしないくらいだ。

          何とか耐えていたところ、5周で終了という提案がされ、即受諾して最後のストレートだけ頑張っておしまい。

          ギアが上がらないと思ったら、アウタートップだった。。。

           

           

          ◆平坦練   5周(20km)   31分17秒   250W

           

           

          うーん、キツかった。

           

           

          周回を終えてラインを見ると、T井さんがこちらに向かっているとのこと。

          おお、ついに4人集合かぁ。

          その日が雪だというのも、ある意味特別感あっていいかもしれない、と思いつつ。

           

           

          しばらく流していると、T井さんと合流でき、ここから再び5周。

          今度はT井さんが長く引く。

           

          そしてローテの順序で言うと、自分の後ろがT井さん。

          T井さんは比較的早く前に出てきてくれるタイプなので、自分の引く時間が極端に短くなり過ぎないように少し意識しながらローテを回していく。

           

          今度は人数増えた分確かに強度は下がった感がある。

          けれど、自分に残っているパワーも着実に下がりつつあり、楽になったかと言えばそうではない。

           

          ラスト1周、自分が前を引いている時にT井さんアタック。

          しかし今日は優しい方で、本来なら前を引き終わって下がっている時にアタックされるので、手加減してくれたのかな?

          K長さんが反応してくれて、その後ろにつく。

           

          K長さんがそのまま行くかな?と思ったけど行かないので、自分がカウンター。

          が、これも振り向くとK長さんが張り付いており、T井さんと続く。

           

          というわけでスプリントのない自分は、やはり最後の牽引役をすることにして、全力引き。

          が、ラスト200mくらいまではと思ったものの、そこまで持たず、発射台の役目を果たせなかったなぁ。

          2人の後ろ姿を見送って終了。

           

           

          ◆平坦練   5周(20km)   31分26秒   235W

           

           

          お疲れさまでした〜。

          タイムとしては1回目とほとんど同じ。

          人数は増えたが、疲れもあって、自分の平均パワーは下がったのでタイムアップには貢献できなかったなぁ。

           

           

          雨の中爆走したマッドサイクリスト4人組。

          なお、T井さんはその後追加練で単独で8周+スプリント練をしたとのこと。

          一人で雪の中・・・う〜ん、自分はできないな。

           

          そうそう、パワーの話をT井さんとした時に、こうしてローテして走っている時に先頭を引いている時のパワーは260Wくらいだという。

          対して自分は290〜300W。

          この効率性の差。。。

          自分の30W分は空気抵抗に余計に吸収されているということなんだろうなぁ。

          平坦練 / なるしま往復

          2019.02.10 Sunday

          0

            2月10日(日)

             

            今日は何とか5時に起きて、6時に平坦練集合。

            T井さんが少し遅れるとのことで、I藤さんと先に周回を始める。

             

             

            ◆平坦走   12分   271W

             

             

            でウォーミングアップアップ完了したところでT井さん登場。

            ここからいつも通りの8周の予定で走り始める。

             

            やはり最初からいいペースで・・・

            半周でI藤さん離脱し、あとはひたすらT井さんとのデスマッチ。

             

            久しぶりのこの感覚で、日が出てきてもサングラスをかける余裕さえ無し。

            何度も離脱しそうになったけれど、何とか最終周まで耐えて。

             

            残り半周で全力アタック。

            幸いT井さんが20mくらい離れたので、頑張って踏み続ける。

            ・・・が、悲しいかな耐える力がなく、左のお尻が攣りそうになって失速、T井さんに追いつかれてスプリントでさようなら〜。

             

             

            ◆平坦走   8周(32km)   51分10秒   250W

             

             

            今日も朝からありがとうございました〜。

             

            休もうとしたら親分登場し、3人で大周回1周、マサさんグループと合流してもう1周・・・の途中でT井さんの機材トラブルがあり、ここで一緒に離脱。

             

            自分は一人で線路沿い往復スプリント7本をこなしてから帰宅。

             

            ***********************************************************

             

             

            今朝の練習でリアブレーキのワイヤーが切れてしまった。

            10月に変えたばかりなのだけど、これはキャノンデールのフレームの設計ミスだろうから仕方ない。

            定期的に切れる運命なのだ。

             

            そんなわけで、12時からなるしまへ。

            初めてのロードバイクを組んでもらった時からお世話になっているA見さんに直していただいた。

            少しルーティングを変えて、アウターケーブルのストレスがかかりにくいように工夫してくれた。

            ついでにペダリングモニターのメーターのブラケットも在庫があったので取り付けてくれ、これで万全。

             

             

            いつもありがとうございます!これからもお世話になります。

            ローラーちょっと

            2019.02.09 Saturday

            0

              2月9日(土)

               

              朝は起きられず。

              もともと練習DNSを決めていたが、結果的に朝から雪で練習予定自体が無くなってしまったようだ。

               

              朝起きても疲労感が大きくグダグダしてしまって、そうこうしているうちに10時になったので、保育園の保護者会へ。

              クラスの先生から、

              「小学校へ上がるにあたっての準備や心構えなどを、小学生のお姉さんがいるokkyさんからお話してもらいましょう」

              といきなり想定外の振りで目が覚めた。

               

              いいウォーミングアップができたところで、ローラー。

              最低限の20分を。

               

               

              ◆ローラー   20分   269W

               

               

              うーんこんなにキツかったっけ?

              このくらいの感覚で始めれば〇分は持ちそうだ、という想定が全く当てはまらない。

              劣化が早すぎるなぁ。

               

               

              その後は住居選びやら新入学の書類やら書いていたらあっという間に夜。

              休日のご飯は自分の担当なのだけど、作る気力無く連休初日が終了。

               

              今週も平日はノートレ

              2019.02.07 Thursday

              0

                2月7日(木)

                 

                今週も今日まで練習できなかったことで、おそらく平日ノートレになりそう。

                週末だけ頑張ったって、どんどん凋落への道を辿るのみだなぁ。

                 

                ・・・なんて思うと週末も頑張れなくなるので、せめて週末だけは頑張りたいところ。

                 

                 

                さて、セカンドバイクの件。

                キャニオンのロードバイクがカーボンフレーム、105完成車で179,000円。

                しかも7kg台。

                輸入に関わる送料が2万くらいかかるが、これに4iiiiのパワメつけても25万円程度には収まる計算。

                手持ちのペダルと、ガーミンをつければ、これまでと変わらないトレーニング生活ができる。

                 

                 

                けれど。

                やはりキャニオンについての問題は、国内のサポート体制。

                 

                もっともお世話になっているなるしまフレンドでメンテナンスを受けられないというのは大きい

                 

                 自分一人で自転車生活ができるわけではないから、この点は悩むところだなぁ。

                平坦練100km

                2019.02.03 Sunday

                0

                  2月3日(日)

                   

                  今朝は6時集合。

                  日の出の時間は1月の上旬くらいが最も遅く、その後は徐々に早くなってくる。

                  つまり冬至よりも後。

                  同じく日の出が最も早くなるのは夏至よりも前。

                  早朝ライダーとしては、なんか損な気がするなぁといつも思う。

                   

                  さて、集合ライダーは、K田さん、ケンタロウさん、K長さん、と私・・・の予定だったのだけど、たまたま6時に来ていただいたのがT井さん。

                  10月以来か。

                  いつもサチヨ練でボコボコにされており、川崎マリンエンデューロでも優勝した選手なので、一気に緊張感が高まる。

                   

                  で、1周目。

                  ローテの順番は、自分→K長さん→T井さん→ケンタロウさん→K田さんの順。

                  後半のアタック合戦では崩れるけれど、それまではこの通り。

                   

                  まず自分がペースを作って、K長さんに代わり、すぐにT井さんが。

                  これでは遅いとばかりにペースアップを更新する。

                  参ったなぁと思いながらも、彼の要求に答えるために、スピードを合わせていく。

                   

                  2周目。

                  ちょっとペースを上下させて弱らせよう、と思うものの、弱ったのは自分だけで、皆ついてくる。

                   

                  その後はしばらくペース走が続く。

                  トータル8周なので、6周くらいは平穏で。

                   

                  7周目で自分が引き終わったとき、T井さんがアタック。

                  定石なのに、自分は全力で引いてしまい、対応できない。

                  K長さんに間を埋めてもらって、なんとか食らいつく。

                   

                  もうやばいとは思いつつも、T井さんが下がった瞬間で即座にカウンター。

                  これは皆に付かれてしまって効果なし。

                   

                  そんなわけで、残り1周半を残してお見合い状態。

                  うーん、なぜ前を引きたくなくなるのか分かった気がする。

                   

                  復路でややT井さんがペースを上げたりしつつ、結局皆そろって最終周へ。

                   

                  T井さんが前を引いていって、彼が下がるタイミングを誰もが狙ってる。

                  その中で自分の前のケンタロウさんがアタック。

                  これには当然張り付くべし、と思ったのだけど、残念ながらギアトラブルで不発。

                   

                  じゃあ誰が行くの?

                  みたいな牽制ムードが漂っていたので、自分がけん引。

                  もう後は練習と割り切って、発射台をやる。

                   

                  ここまでもそこそこ引いていたので、かなりキツく、早く誰か発射してくれ〜と思いながらラスト250mくらいまで行く。

                  ここからK長さんが発射し、それをT井さんが追いかけて行って、ダッシュの振動で落ちたK長さんのサングラスを拾って終了。

                   

                   

                  ◆平坦走   8周(32km)   49分00秒   249W

                   

                   

                   

                   

                  その後は、ミドル走をしたり、マサさんと合流したりすて、結局100km以上は走ることができた。

                   

                   

                  ***************************************************************

                   

                  単身赴任をするにあたって、何を家から持っていくか、何を買うか、何を貰うか。

                  休日はそんな算定が続いているけれど、はじめて社会人になって企業に勤めて、地方に赴任する時を思い出す。

                  これまで特に困っていなかった日常生活のレベルが一転して、用意しなければ全てに困るわけで。

                  しかし正直な話、転勤告知は赴任の一週間前だった前職と比べると、この点準備(心の準備含めて)ができる今の職場はとても助かる。

                   

                   

                  家財道具の手配はある意味必須なんだけど、個人的に妄想が膨らむのはセカンドバイクの件。

                  やはり頻繁に帰京するとなると、その都度輪行するのは面倒だし、自転車的にもリスクが高い。

                  だから、エントリーレベルの自転車でもいいので、現地にあったほうがいいのではないかと。

                  そうでなくてもK長さんからもアドバイスされたが、今の自転車をメンテに出したり、何らかのトラブルがあったりしたときに、セカンドバイクがあると心強い。

                   

                  しかし・・・

                   

                  通常は自転車にかかわる費用は(遠征費を含めて)小遣いの中からということになっている。

                  が、新車購入費用はさすがに嫁さんと相談しないと難しい。

                   

                  今のキャノンデールスーパーシックスエボ(Hi-MOD)を買う時は交渉に破れ、泣く泣く貯金を崩して買った気が・・・(汗)

                   

                  なのでここで十分に情報収集し、説得力のある理由付けをして、嫁さんへの決裁書を書きたい。

                  そのためにはセカンドバイクは必要です!という要素のほかに、「やってみたけど無理だった」的な要素も必要なんじゃないかと思う今日この頃。

                   

                  うう・・・めんどい・・・。

                   

                  確かに、やってみたら特に問題なかったという可能性もあるわけで、はやる気持ちを抑えて、少し冷静にならないとな。。。

                  小山田〜パンパティ

                  2019.02.02 Saturday

                  0

                    2月2日(土)

                     

                    平日月曜から金曜までは全く練習できず。

                    んまぁ仕事は忙しいし、レースの予定立てられないからモチベーションは低いし、これは仕方ないかなぁ〜。

                    仕事から帰ってきたら最低限の家事だけして早く寝るのみ。

                     

                     

                    で、土曜日。

                    きっとK長さんとのアポが無ければ、昼まで寝ていただろうから、今日走れるだけでもめっけもんだ。

                    そんな低いテンションで丸子橋に6時。

                    今朝は寒い。

                     

                    行先は小山田としたので、まずはいつものように多摩川沿線の暗闇ローテから。

                    最初は強度も低めだったけれど、徐々に上がっていって、やはり矢野口ではギリギリレベル。

                     

                     

                    ◆多摩川沿い(丸子橋〜矢野口)   30分38秒   223W

                     

                     

                    尾根幹に入って、ミドルくらいで回していく。

                    バーミヤン坂でふっとK長さんの気配が消えたので、あれ?今日は調子悪いのかな?と感じる。

                    自分は走れていないので、長期コンディションは当然下降傾向だが、1週間程度のコンディションなら維持できているといったところ。

                     

                    小山田に入ると、更に気温下がって、メーター表示ではマイナス5.8℃と強烈に。

                    頭痛がするし、当然指先の感覚もないので、腕全体でレバーを抱え込むような操作になってしまう。

                     

                    この寒さによる影響か、K長さんのコンディションが更に悪化。

                    速くもないペースで切れてしまうくらいになったので、「これはおかしい」ということになり、小山田を離脱。

                    大周回2周は走れたけれど。

                     

                    そういえばサチヨ練のゴールであるパン屋「パン・パティ」には長いこと行ってないし、近いはずということでこちらに向かう。

                     

                     

                    どの人が「サチヨさん」なんだろう?なんて思いながら。

                     

                    パン休憩しているうちに気温も上がってきて、帰り道ではK長さんが復活する。

                    そしてお約束の「忖度上げ」が開始される。

                    鶴川街道〜東名川崎の前を通って帰ったのだけど、K長さんとならこんな走り慣れないルートでも、練習できてしまうんだなぁ。

                     

                     

                    ◆帰り道(パン・パティ〜丸子橋)   61分くらい   257W

                     

                     

                    特に後半は搾り取られるようなローテで、かなりキツかった。

                    ありがとうございました〜。

                     

                    平坦練120km

                    2019.01.27 Sunday

                    0

                      1月27日(月)

                       

                      今日は定番の平坦練。

                      千葉からnabeshibaさんが来るので、トラ練となる。

                      5時集合なので、朝というか夜だ。

                       

                      この練習はデュアスロンメンバーが自転車20km+ラン5km、自転車のみのメンバーは32km走り、どちらが先のゴールするかを競う異種競技(?)

                      今日はランをするのはnabeさんだけなので、K長さんと自分は自転車で32km。

                       

                      北風が強い中走り始める。

                      そこそこのペースを刻むと、nabeさんが厳しい様子。

                      昨日も模擬レース練習をしたようで今日はきついはずだ。

                       

                      nabeさんが離脱する5周目までは、ペースを合わせつつ走る。

                       

                      nabeさんが離脱して6周目に入ると、K長さんが上げていく。

                      自分はなるべく合わせつつも、爆発しない程度で。

                      K長さんは3ローテ目でやや落ち着き、7周の後半に入るともっと落ち着く。

                       

                      ここからは自分の限界ペースで。

                      2人なので、スピードを上げる余力があるくらいなら長く引くという方針で。

                       

                      最後はK長さんのダッシュについていけず。

                      ここは例えその前まで引いていたとしても、勝負を挑むことにはしている。

                      けれど、ギアを上げても、ケイデンスが落ちるだけで、無理だった。

                       

                       

                      ◆平坦走   8周(32km)   51分52秒   238W

                       

                       

                      前半5周は33分29秒(225W)、後半3周は18分22秒(261W)

                       

                      その後はnabeさん、K長さんと談笑し、コンビニで朝ご飯。

                      この後も小周回を続けることとなり、1周の流しの後で、ミドル走に入る。

                       

                       

                      ◆平坦走   6周(24km)   42分09秒   209W

                       

                       

                      うーん、疲れた。

                      この平坦走は脚を止めることがほとんどないので、パワー値は低く出るがこれでも十分キツい。

                       

                      K長さんはこれで離脱し、もう少し流して帰ろうと思いながら走っていたら、masaさんグループと一緒になる。

                       

                      グループ内でローテしつつ、線路脇の直線でダッシュしたら、masaさんが真横につけてくる。

                      前でも後ろでもなく、真横で、笑顔でこちらを見ながら400W。。。

                      まもなく並走ができなくなり、背後へ逃げ込む。

                       

                      う〜ん、もうダメだ。

                       

                      しばしmasaさんとおしゃべりしながら走り、タイムアウトで離脱。

                       

                      お疲れさまでした〜。