ゲロゲロストレングス

2019.05.21 Tuesday

0

    5月21日(火)

     

    週末のダメージが大きく、昨日はレスト。

     

    今日はパワーメーターをつけて、久しぶりにやるストレングス走。

    これまでは52×11がアウタートップだったが、ジャイアント号では50×11が最大。

    少し楽になる・・・わけないか。

     

     

    ◆ローラー   ストレングス走   2分(レスト5分)×3

     

     #1  352W

     

     #2  330W

     

     #3  332W

     

     

    1本目で頑張りすぎた。

    5分たっても呼吸が、、、

    吐きそうなので、これだけで終了。

     

    やっぱりパワーメーターあると追い込めるな。

    旧伊勢神トンネル往復

    2019.05.19 Sunday

    0

      5月19日(日)

       

      昨日は西に行ったので、今日は東。

      名古屋はこれが手軽にできるのがいい。

       

      さて、何か目的地でもないと張り合いがないと思い、いくつか手頃なところを調べてみた。

      で、本日の目的地は!

       

      東海地方でその名を轟かす「旧伊勢神トンネル」。

      以前河口湖へ走りに行ったときは「旧御坂トンネル」をそれと知らずに通過しており、むしろ趣があっていいなぁと思ったものだ。

      なのでどちらが趣があるトンネルかを見てみるために向かうことにした。

      往復120kmくらいなのでちょうどいいだろう。

       

      さて、昨日に引き続き南風が強く、今日も横風。

      案の定家出た瞬間から脚も重く、全然進まない。

       

      瀬戸市から戸越峠を越えると、そこから先は自転車にとってはとてもいい環境が続く。

      木曽三川を越えないと交通量が減らない西側に対して、東側の方がマシな気がする。

      アップダウンが始まるのも東側の方が早い。

       

      う〜ん、天気もいいし、気持ちいいサイクリングだなぁ。

      時折スマホで地図を確認しつつ進んでいく。

       

      戸越峠からr33→r357→R153と経由する。

      久しぶりに国道に出ると、一気に交通量が増した。

      標識に「飯田市」と表示されるようになり、ふと懐かしい思いがこみ上げた。

      自分の人生を左右する出来事が起こった街だからなぁ・・・

       

      ここからは上り(いや、正確にはもっと前からずっと上りだったか)

      伊勢神トンネルまでえっちらおっちらと。

      新道(といってももう古いが)の前を右折し、旧道へ。

       

      ほどなくして到着。

       

      おお・・・迫力があっていい。

      でも電灯は無いほうが良かったかな。

      この荘厳な雰囲気、「千と千尋の神隠し」に出てきたトンネルみたい。

      ちなみに標識が示すように、思った以上に狭くて低い。

       

       

      空気が冷蔵庫みたいに寒い。

      洞窟みたい。

      夜は無理だなぁ〜。

       

       

       

      誰も来ない静かな中で、この荘厳な雰囲気に圧倒され、いつまでも見ていたくなった。

      いいなぁ。

       

      旧道と新道、どちらが怖いかと言えば、自分からしたら間違いなく新道だ。

      自動車の通行のことしか考えられておらず、2車線でギリギリ。

      おまけに長さも1km以上あり、自転車で突っ込んだら恐怖だろう。

       

       

      さて、伊勢神トンネルを後にして、帰路につく。

      帰りは途中までは行きと同じ経路で。

      春嵐渓あたりは混むらしいので、やはり車が多いエリアは回避する。

       

      途中からr11を南下し、猿投グリーンロードを通る。

      通ると言っても、ここは有料道路なので併設された歩道を走ることになる。

      歩行者はほとんどいないので、実質自転車のための歩道みたいなものなのだけど、やはり車道のようにスピードを出すことはできないし、途中には階段もあったりで、自転車フレンドリーな道ではない。

       

      モリコロパークからは、こないだK坂さんに教えてもらったルートで、長久手を経由して帰宅。

      いかにして走りやすい道を選んで走るかが、名古屋市内を走る時のポイントだなぁ。

       

      二ノ瀬〜いなべ 強風+名古屋走は最凶

      2019.05.18 Saturday

      0

        5月18日(土)

         

        久しぶりの週末で名古屋。

        4週連続で東京にいたから。

         

        んで、今日は工具を持って、ポジションを合わせながらの練習。

         

        西方面へ行くが、なんせ今日は南風が強い。

        つまり横風。

        名古屋走りでは横スレスレ、速度差大で追い抜いてくる。

        ここに横風が加わり、恐怖度が最大。

        今日は木曽川の流れが逆流するほど風が強く、普通に走っていても上半身が緊張し続けるレベル。

         

         

        木曽三川を渡って3月末以来の二ノ瀬へ。

        せっかくジャイアント号にパワメを導入できたので、タイムとパワーを計測しておく。

        一般的には麓の鳥居から頂上まで計測する人が多いらしい。

         

         

        ◆二ノ瀬峠   21分32秒   278W

         

         

        本当にゲロゲロというところまで追い込んでいないけれど、全然20分には届かず。

        あと以前の体重まで戻ればマイナス2分、練習のパワーアップでマイナス1分、機材の軽量化でマイナス30秒・・・と皮算用をしてみても、最高潮で18分くらいが精一杯なんだろう。

        国内の数々のヒルクライムで活躍する名クライマーが、16分台で走ることを考えれば、大人と子供のような差だ。

         

        サドルとペダルの位置関係はOKかな。

        これだけで自転車に乗っている時の印象が断然違う。

         

         

        さて、その後は三重県側に下って。

        下るとTOJのいなべステージの看板も多くあった。

        いいところだなぁ。

        サイクリングにはいいが、ここでレースしたら死ぬなぁ、などと考えながら。

        目の前のあの山に登りたい。

         

         

        細い県道を経由して、多度へ。

        ここまで600番台の県道を走ったので、車のすれ違いができないような細い山道が続いた。

        でもこれもサイクリングなら楽しい。

         

        で、多度から木曽三川を渡ったら、再度愛知県へ。

        自分の疲労感もあるのだろうけれど、車の圧迫による嫌悪感がどんどん大きくなってくる。

        後ろからプシュンプシュンとエアブレーキ音(←自分から言わせたら煽り音)を立てながら、数メートル後ろにトラックがつけ、その後すれすれで抜いていく。

        当然横風7mという状況なんて、ドライバーに関係ない。

        悪意があるのは論外だが、よく見ると、普通のおばさんが運転する車もあって、これって「当たらなければOK。自転車は障害。」の考えがここのドライバーに行き渡っているということなんじゃないかと思う。

         

        なんとかこれらに耐えながら、自分も誰かのドライバーに掴みかかることなく、無事に帰宅。

         

        110km。

        ローラー 流し / 機材いじり

        2019.05.16 Thursday

        0

          5月16日(木)

           

          最近ジャイアント号について気になっていた部分のリファインするべく、少しいじる。

          週末はほとんど東京へ帰っていたため、あまりこちらの機材を調整する気力がなかったのだけど、ついに。

           

          変更したのは以下の3点。

           

          .魯鵐疋襪鯆磴する

           

          →コラムのスペーサーがまだ下に5mm分残っているので、この分を下げるのと、分厚いダストキャップを交換する。

          オバタ先生のアドバイスを受け、いただいた薄めのダストキャップと、ダストキャップ内に3mmくらいの薄めのスペーサーをかませて調整する。

          ヘッドにガタがでてしまったり、ハンドルの切れが悪くなったり、「こうやったらこうなるのか!」と色々学習しながらなんとか完了。

          これでもキャノンデール号と比べると、まだ10mmくらいは高いんだけど、後はステムの角度を下げるくらいしか方法がない。

          少なくともこれ以上上げることはないだろうから、上に出たコラムは今度切ろう。

           

           

           

          ▲汽疋詈儿垢塙發議汗

           

          先日N條さんとK坂さんと夜練した時、短時間の上りでググっと踏ん張るような場面では、サドルの表面加工のせいなのか結構パンツの生地を引っ張ることがあった。

          ゆっくり走っていると全く問題を感じなかったのだけど、強度が高くなるとボロが出た。

          高強度で走る時こそこういうことが起こると煩わしいので、これは変えておく。

          が、手持ちのサドルが今は昔使ってたアリアンテしかない(とはいえ元は高級サドルだけど)ので、全く色が合わないけれどとりあえず変えておく。

          サドルの角度と位置も何度かローラーしながら仮決めした。キャノンデール号の時の感覚を頼りに、7mmくらい上げたかな。

           

           

           

          パワーメータ装着

           

          左クランクのパワーメーターを4iiiiに変更。

          新型の105→旧型のアルテグラへ。

          あえての旧世代へのチェンジだけど、まぁ左のみならほとんど分からないだろう。

          新型105の4iiiiにしなかったのは、今後このジャイアント号がメイン機種として慣れてきた場合に、今のキャノンデール号についているパイオニアのペダリングモニターを移植する可能性があるため。

          そうすると4iiiiはキャノンデール号の方に装着されることになり、6800系アルテグラで統一できる。

           

           

           

          全ての作業完了後、ローラーで試走。

           

           

          ◆ローラー   流し   15分   211W

           

           

          この強度ではペダリングモニターの差がどのくらいあるのか全然分からない。

          けれど、ちょっと乗ってみたところの感覚値では大きな齟齬はなさそう。

          ガーミンのANT+ではすぐにデータを読み込むことができたし、運用上にも全く問題なかった。

           

          これで週末乗ってみよう。

           

          ストレングス走

          2019.05.15 Wednesday

          0

            5月15日(水)

             

            久しぶりにローラーでストレングス走。

             

             

            ◆ローラー   ストレングス走   2分(レスト5分)×3本

             

             #1  −−−W

             

             #2  −−−W

             

             #3  −−−W

             

             

            11Tが回らない。。。

            相変わらずキツいが、そろそろパワー出さないと、張り合いがない。

            面倒だけど左クランクを4iiiiに変えるか。

            SSTで20分

            2019.05.14 Tuesday

            0

              5月14日(火)

               

              土日の疲れがあったので、昨日は完全レスト。

              今日はSSTくらいで20分。

              というか、L4に上がらないだけ。

               

               

              ◆ローラー   20分   ーーーW

               

               

              うーんまだまだ疲れているな。

               

              平坦練(トラ練)

              2019.05.12 Sunday

              0

                5月12日(日)

                 

                最近日曜日の平坦練にマサさんが来てくれるようになり、更に高速化が進んでいる平坦練。

                ここにT井さんやJ引さんが加わったらどうなってしまうのか、恐ろしくて想像できないけれど。。。

                 

                今日は5時集合で、nabeshibaさん、K長さん、M井さん、I藤さん、マサさん、パルキーさん、自分というメンバー。

                昔、nabeshibaさんと2人ということが多かったことを思えば、なんという大所帯。

                加瀬塾やマサ軍団、K長ラインから、早朝練に賛同してくれるメンバーが増えていてとても嬉しい。

                 

                K長さんに促されて、とりあえず先頭でペースを作る。

                するとマサさんとK長さんから「遅い」という返答を、ペースアップという行動で示される。

                パルキーさんも合わせ込んでいくので、自分もローテの時間を短縮しつつ合わせる。

                自分の調子については、最近乗ってはいるのだけど、あまり良くない。

                疲れているのか、練習の仕方が良くないか。

                 

                nabeshibaさん、I藤さんは5周でランに移行し、K長さんのペースアップによってM井さんも離脱。

                残るは自分を含めて4人なのだが、K長さんの度重なる揺さぶりにより、パルキーさん、マサさんの順に切れる。

                次は自分だなぁと思ったところで、K長さんが最後の2〜3kmを引きますよ、とのことで処刑は免れ・・・。

                最後だけスプリントで先行して終了。

                 

                 

                ◆平坦走   小周回8周(32km)   46分38秒   255W

                 

                 

                データ上では、別に自分のパワーが低いわけではない。

                つまりK長さんが確実に速くなっているということだ。

                最近3〜4人でのローテが多くなってきたので、46分台も多くなってきたけど、昔ならあり得なかった。

                 

                この後の大周回は4周。

                今日は本当にミドルペースで。

                M井さんにもローテに加わっていただき、5人でローテしていく。

                 

                ミドル走なので、4周のラスト数kmまでM井さんも先頭交代していただき、最後は4人でスプリント。

                K長さんが先行し、後ろにマサさん、その後ろに自分。

                今日は何とかまくってやるぞ!と気合を入れていたところ、トップの11Tから外側へギアが落ちて噛み込んだマサさんが走りながら、気性の荒い馬にまたがるように暴れる。

                これにビビッて脚を止め、自分はそのまま流す。

                マサさんはすぐにリカバリーして、K長さんをまくっていく。

                すごいわ。

                 

                今日も早朝からありがとうございました。

                 

                 

                長尾台×8

                2019.05.11 Saturday

                0

                  5月11日(土)

                   

                  今回は昨日(金曜日)のうちに帰省することができたので、土曜は朝練へGO!

                  自分は、できれば8時くらいに帰宅したいので、5時半集合で長尾台でリピート練を行う。

                  目的や時間が合致したK長さん、M井さん、マサさんと4人で走り始める。

                   

                  多摩川沿いをK長さん、マサさんと3人でローテしていくと、マサさんのパワーが早速炸裂。

                  自分は番手なので、「う〜ん、こんなの前出れん・・・」状態。

                  後ろでFTPくらい。

                   

                  登戸手前までなので、なんとか持ちこたえて、ここから長尾台。

                   

                  合計8本やることにして、最初の4本は52×15くらいでストレングス走。

                  ケイデンスは20〜30rpmで、強度は全力。

                   

                  次の4本はケイデンスフリーで、「できる限り速く」。

                  これは自分の予定で、他の皆さんに共通するメニューではないので、自分だけこの内容に集中する。

                   

                  まずはマサさん、M井さんにコースをご紹介で1本上ったのち、メニュー開始。

                   

                   

                  ◆長尾台   8本(ストレングス走4本、ペース走4本)

                   

                   #1  2分57秒  253W

                   

                   #2  3分13秒  230W

                   

                   #3  3分18秒  226W

                   

                   #4  3分25秒  221W

                   

                  ここでいったん小休止。

                  ストレングス走は脚が終わっていくので、踏み込む力がどんどん弱まっていき、回数を重ねる毎に落ちていく。

                  この状態で、次のペース走に挑む。

                   

                   #5  2分15秒  348W

                   

                   #6  2分13秒  345W

                   

                   #7  2分21秒  324W

                   

                   #8  2分16秒  338W

                   

                  こちらは普通のケイデンスで走る。

                  遅いけれど、今はこんなものだろう。

                   

                   

                  帰りの多摩川沿いはマサさんが強烈に上げていくが、二子玉から先は車のペースに引っ掛かり、これに合わせる形で終了。

                  短いながらも、往復の強度を含めて、いい練習ができた。

                  ありがとうございました!

                   

                  ローラー20分のみ

                  2019.05.09 Thursday

                  0

                    5月9日(木)

                     

                    特に目的もなく、ローラー。

                    昨日は何気に強度高く、今日はあまり上げられないので、L4というかSSTレベルで20分。

                     

                     

                    ◆ローラー   20分   −−−W

                     

                     

                    そろそろパワーを明確にしないとな。

                    平日夜練@東山

                    2019.05.08 Wednesday

                    0

                      5月8日(水)

                       

                      大垂水から中1日、

                      昨日はお休みしたので、少し回復した・・・と信じたい。

                       

                      今日は世界のN條氏とサチヨ練でもおなじみのK坂さんと3人で夜練。

                      コースはK坂さんが開発した東山動物園の坂を巡る50kmくらい。

                       

                      まさにコースとしてはサチヨ練に近いもので、よくこれだけのコースを見つけられたなぁと思われるルート。

                      全く覚えられていないけれど(汗)

                       

                      N條さんとは初めてお会いする。

                      この方、関西シクロのマスターズでも優勝している選手で、見るからに強そうな体型だ。

                      自転車歴も30年を超え、自転車関連のお仕事をされているとのこと。

                       

                      基本的にK坂さんのご案内でコースを辿っていく。

                      アップダウンが出てきてからはかなりN條さんが前に出てきて、ついていくのがやっとという場面が多発する。

                      特段激しくダッシュするわけではないのだけど、全体的に速くて、前に出られない。

                      この人のアベレージパワーはどうなっているのだろうか。

                       

                      名古屋の強い人と走れて、とても楽しかった。

                      22時過ぎに帰宅。

                       

                      とても楽しかった・・・・・けれど。

                       

                      今回の経験として分かったのは、自分としては21時前後にかかる練習はNGということ。

                      子供たちとのテレビ電話タイムが21時前後に必須なので、この時間を外さないと継続は難しい。

                      21時までに終わるか、22時開始か、といったところ。

                      だとしたら、ローラー短時間が効率的なのかなぁ。

                       

                      ありがとうございました。